お尻かゆい 肛門掻痒症 原因 水分不足

お尻かゆい!「肛門掻痒症」を引き起こす水分不足

スポンサーリンク

働く女性の便秘解消法,サプリメント,カイテキオリゴ
意外と多くの女性が、お尻のかゆみで悩んでいます。

 

そのお尻のかゆみ、肛門掻痒症とも言いますが、便秘による残便感のムズムズ感や肛門付近の便の付着による刺激でかゆみを感じます。また、かゆみから掻いてしまい、皮膚を傷つけることでまた違うかゆみを感じるようになります。そうするとまたそのかゆみによって掻いてしまい…という悪循環に陥りがちで、気づくとお尻全体が傷だらけでかゆい、という状況になることもしばしばです。

 

また、大人の女性の体の60%は水分であるということをご存知でしたか?
水は命の源です。そして快適なお通じのためにも必要不可欠なものです。

 

気がついてないだけで、水分不足が原因の便秘に悩んでいる人も実はたくさんいます。

 

喉が乾いてないからといって、体の水分が十分に足りているとは言えません。

 

そして、潤いは健康にも美容にも欠かせないもの。
水分不足を解消して、辛い便秘とも、さよならしたいものです。

 

 

女性の周りには、水分不足になる原因がいっぱい

特に汗をかいているわけではなくても、ただ座っているだけ、眠っているだけの時も私たちの体から水分は排出されています。

 

個人差はありますが、呼吸や汗、尿といった形で1日に排出される水分は約2.5リットル

 

エアコンの効いたオフィスでのデスクワークをしていたり、部屋でテレビを見ている時でさえ、体の水分は排出されているのですから、油断は禁物です。
こまめな水分補給は欠かせません。

 

さらに、女性の周りには、水分不足になる原因がいっぱいあるのです。

 

 

 

ダイエットのために水分を控える

 

働く女性の便秘解消法,サプリメント,カイテキオリゴ

特に若い女性に多いのがこれ。ダイエットのためにあえて水分を控えるパターン。
甘いドリンクや間食を控えるのは問題ないのですが、ダイエット中でも水分は必要です。

 

取り入れる水分が減れば、腸内で必要な水分が得られず、便が硬くなってしまい、それが便秘の原因になることもあるのです。

 

また、ダイエットのために、朝食を抜いたり、食事の量を極端に減らしたりしては、便のカサが足りず、さらに便秘を引き起こしやすい状態になってしまいます

 

美しくなるためのダイエットで、便秘になってしまってお尻がかゆいのでは、却って逆効果というものです。

 

働く女性の便秘解消法,サプリメント,善玉菌のチカラ

 

 

20代やアパレル関連などで働く美意識高い女性は、ダイエットを意識しがち。

 

少しでも細くなりたい!という気持ちも分からなくはないですが、必要以上なダイエットや無理な食事制限は止めましょう。

 

ジムに通うなど健康的な体型維持は良いですが、水分をとらないというのは非常に危険です。


 

 

 

むくみを気にして水分を取らない

 

働く女性の便秘解消法,サプリメント,善玉菌のチカラ

むくむことを気にして、水分を取らないという女性もいます。
もちろん水分の過剰な摂取はよくありません。
余分な水が体内に停滞し、うまく排出されないとむくむ原因になります。

 

ただ、水分を全然取らないのも問題です。
水分が不足し始めると、体は脱水症状を防ぐために必要以上に水分を溜め込もうとして、そのためにむくんでしまったり、それが原因で便秘になってしまったりすることもあります。

 

水分を取りすぎても、水分が不足してもむくむ原因になりますので、むくみの解消のためにも、便秘を防ぐためにも適度な水分補給が必要ということです。

 

また、腎臓がうまく機能していないことが原因でむくみこともありますので、そういう場合の水分の摂取については医師の指示に従ってください。

 

働く女性の便秘解消法,サプリメント,善玉菌のチカラ

 

 

 

水分が不足しても、むくみの原因になります。

 

それどころか、体内の不必要なものが尿と一緒に排出されにくくなります。

 

尿の色が濃い場合は、水分不足かもしれません。


 

 

 

汗もかいてないし、喉も渇いてないから水分を取らない

 

働く女性の便秘解消法,サプリメント,善玉菌のチカラ

エアコンの効いた快適なオフィスでのデスクワークだと、汗をかくことはほとんどありません。
喉の渇きもそんなに気にならないので、仕事中はほとんど水分を取らないという女性も多いかもしれません。

 

でも、体の水分は、呼吸や皮膚から常に外に排出されているのです。また、考えている以上にエアコンの効いた室内は乾燥しているもの。
知らず知らずのうちに、体の水分が不足がちになっているのかもしれません。

 

仕事中も水分を口にできるようであれば、こまめな水分補給はしたいもの。
特に強い喉の渇きを感じていないとしても、水分は体から常に排出されているのです。

 

食事以外でも、午前から午後合わせて3回前後はコップ一杯くらいの水分を補給してあげたいものです。

 

働く女性の便秘解消法,サプリメント,善玉菌のチカラ

 

 

人は動いていなくても、寝ている間でも呼吸するだけでも、水分を排出しています。

 

のどの渇きを感じていなくても、身体は水分の補給を欲しています。

 

こまめにコップ1杯くらいの水分補給をしていきましょう。


 

 

 

お茶、コーヒー、ビールで水分補給をしているつもり?

 

働く女性の便秘解消法,サプリメント,善玉菌のチカラ

オフィスによっては、コーヒーメーカーが設置してあったり、給湯室で自由にお茶を入れることができるようになっていたりするところもあるでしょう。

 

だから、オフィスタイム中も、しっかり水分補給はできているつもりの女性も多いかもしれません。

 

コーヒーや、お茶も確かに水分です。
ただ、これらの飲み物には利尿作用もあり、カフェインの過剰摂取は体によくありません。

 

理想をいえば、カフェインレスの温かい飲み物、あるいは、常温の飲み物がよいのですが、職場に水道水しかない場合や、キッチン自体がない場合もありますよね。

 

また、水道水しかないために、水分を仕事中に補給できず、水分不足になってしまうこともあるようです。その場合は、自宅からポットにお湯をいれて持参したりする必要がありそうです。

 

それから、利尿作用の強さでいえば、もっと気をつけたいのはビールなどのアルコール類。

 

アルコールは、コーヒー以上の利尿作用がある上に、アルコールの分解にかなりの水分を必要としますので、余計に水分不足になりやすいのです。

 

働く女性の便秘解消法,サプリメント,善玉菌のチカラ

 

仕事中にコーヒーをよく飲む人も多いでしょう。

 

でも、カフェインを含む飲料の場合は、利尿作用が働き、水分補給となっていないことが多いです。

 

またアルコールは、体内でアルコールを分解するのに水分を欲します。

 

そのために、アルコールも水分ではあるものの、必要な水分補給とはならず、逆に水分をより欲することになります。


 

 

 

トイレに頻繁に行けないので水分を控える

 

働く女性の便秘解消法,サプリメント,善玉菌のチカラ

職場によっては、頻繁にトイレに行けない場合があります。
そういう職場で働いていると、長時間トイレに行かなくても大丈夫なように、水分を取らないことが習慣化してしまう女性もいます。

 

また、外出が多い方、移動中に簡単にトイレに行けない状況の方、やはりトイレに頻繁に行けないことから水分補給を控えがちです。

 

状況的には、理解できますが、これが体によくないのは明白です。必要な分はしっかりと補給するようにしましょう。

 

働く女性の便秘解消法,サプリメント,善玉菌のチカラ

 

働く女性の職種に多い販売業や接客業などは、客商売であることが多く、トイレに頻繁に行けない、行きたい時に行けない、というのが実情だと思います。

 

そのために、水分補給を控えてしまうこともあると思いますが、2時間に一度くらいはコップ1杯程度の水分補給をするようにしましょう。

 

また便意を我慢することで便秘となってしまうこともありますので、要注意です。


 

 

水分不足は、便秘を引き起こす原因になるだけでなく、様々な脱水症状を引き起こし、最悪、命にも関わることもありますので、十分な水分補給をこころがけましょう。

 

 

水分はあなたの便に潤いをもたらす

女性の周りには、水分不足になる原因がたくさんですが、では、なぜ、水分不足がいけないのでしょう?

 

人間の体が水分を必要とする理由、そして、水分と便秘の関係を見てみましょう。

 

 

1日大人が必要とする水分は2〜2.5リットル

 

働く女性の便秘解消法,サプリメント,カイテキオリゴ

大人の身体は約60%が水分となっています。身体の半分以上を占めるのですから、水分が体に対する影響力が大きいのは当然。

 

体内の水分の5%が不足するだけでも人は頭痛や吐き気を感じます。いわゆる脱水症状、熱中症と呼ばれる状態です。

 

それが10%になると痙攣や意識障害を引きおこしますし、20%の不足では、死に至ります。

 

それくらい体にとっては大事な水分ですから、1〜2%の不足でも便秘を引きおこしたり、体の様々な部分に支障をきたしたりするのは当然です。

 

成人女性の場合、平均的に、1日で、2.5リットルの水分が排出されます。尿や便となって排泄されるのはもちろんこと、呼吸や汗でも排出されています。
ですから、その失われる分の2.5リットルの水分を毎日摂取してあげる必要があるのです。
ただ、毎日2.5リットルの水を飲まないといけないというわけではありません。

 

食事をとることでも水分は補給されます。ですから、2.5リットルのうちの半分くらいの水分を、食事の合間などにこまめに補給するようにすればいいのです。
それも、一度に大量に飲むよりもコップ一杯程度を何回かに分けて飲む方が効果的です。

 

 

 

体内における水分の3つの役割

 

働く女性の便秘解消法,サプリメント,善玉菌のチカラ

こうして、体に取り入れられた水分は、吸収され、血液などの体液となって体を循環します。

 

そして、以下に述べる3つの重要な役割を果たしていきます。

 

 

 

運搬作用

体液とともに、栄養分や酸素を細胞に届ける役割を果たします。また、それと同時に、体に不必要となった老廃物を尿として、体の外へ排出します。

 

体温調節作用

体温が上がると汗が出て体温を一定に保つことができます。 それは、体温が上がると、皮膚の血液の循環が増加され、それが発汗を促してくれるからです。

 

環境維持作用

新陳代謝を促進するためにも、十分な水分が必要で、それにより、一定の体内環境が維持されます。

 

 

このように体内において水分は重要な働きを担うものです。

 

特に便秘と関係するのは、運搬作用で、この機能を十分に果たすためにも、常に適度な水分補給が大切です。

 

 

 

健康な便は70〜80%が水分

 

働く女性の便秘解消法,サプリメント,善玉菌のチカラ

健康な成人女性の場合、1日の便の量は普通150〜200g程度と言われます。
個人差も大きいので、これより多少上下するかもしれませんが、50g以下のゴルフボール程度の大きさであれば、便秘である可能性が大きいでしょう。

 

また、健康な便は70〜80%の水分を含み、形が残る程度の柔らかさがあります。いわゆるバナナうんちと言われる便が理想のものです。

 

そして、水分がそれ以上になると泥状、水様便となり、これが「下痢」と言われるような状態です。

 

逆に、水分が70%を下回ると、便は硬く小さくなり、ひどい時はうさぎの糞のような小さいコロコロした状態になることもあります。
このように便が硬くなり量が少なくなると、排便しづらくなり、それで便秘になってしまうのです。

 

十分な水分補給がなされないと、このように、腸内の水分が減り、それによって、便秘が引きおこされるというわけです。

 

 

 

食物繊維の働きをサポートする水分

 

働く女性の便秘解消法,サプリメント,善玉菌のチカラ

また、腸内の水分不足は、せっかく摂取した食物繊維が機能するのを阻止します。

 

食物繊維は、水分を吸収して大きくなることで、便のカサを増し、大腸の蠕動運動を刺激する役割を持っているのですが、水分が不足することで、その役割が果たせなくなってしまいます。

 

その結果、大腸内に便がたまり便秘となってしまうのです。

 

そのため、便秘を解消するには食物繊維とともに、水分を摂ることが大切です。

 

水分補給は少しずつ何回かに分けて

水分不足が便秘の原因になることは、おわかりいただけたかと思います。

 

では、どのように水分を補給すればいいのでしょうか?

 

水分の補給方法や摂取する水分の種類について見てみましょう。

 

 

 

朝の寝起きに1杯の水を飲む

 

朝起きたばかりの時は、まだ胃腸が目覚めていない状態にあります。
そこに、一杯の水を飲むことで、胃が目覚めます。
胃が動き始めると、その影響で腸の蠕動運動も活発になります。

 

さらに、その後、朝食を食べることで、ますます蠕動運動が活発となり、便がスムーズに排出されます。

 

出勤前に、お通じをすませるのは、すっきりして気持ちがいいものです。

 

ただ、朝ギリギリまで寝ていては、この方法は使えません。
朝の快適なお通じのためには、まずは、余裕を持って、朝起きる習慣をつけたいものです。

 

働く女性の便秘解消法,サプリメント,善玉菌のチカラ

 

 

朝起きてからの一杯のお水は非常に効果的です。
腸の蠕動運動を促し、その後朝食を摂ることで排泄しやすくします。

 

便秘解消には、毎日決まった時間にトイレに行く習慣をつけることが大切です。
そのために、しっかりと睡眠をとって、朝は余裕をもって朝食をとり、トイレに行き排泄することが重要です。


 

 

 

水分は一度に取らず、何度かに分けて、少しずつ

 

朝、昼、晩の食事とともに水分補給はされていますが、それらの前後もコップ一杯程度の水分補給をこまめにとるのが理想です。

 

最初は、朝起きてすぐに。
これは胃腸を目覚めさせる効果もありますが、夜の間に汗や呼吸から排出された水分を補う意味もあります。

 

その後朝食とランチの間に1〜2回、ランチと夕食の間にも2〜3回、意識して水分を取るようにしてください。

 

また、入浴はかなりの水分を排出しますので、入浴前後には十分な水分補給が必要です。

 

それから、お酒を飲む時も水分を一緒に取るのを忘れないでください。アルコールは利尿作用が強く、さらに、アルコールを分解するのに、大量な水分を消費するのです。

 

ですので、お酒を飲む前はもちろん、飲みながら、そして飲んだ後と、いつも以上に水分を補給するようにしましょう。
こうすることで悪酔いするのを防ぐこともできます。

 

働く女性の便秘解消法,サプリメント,善玉菌のチカラ

 

 

一度にたくさんの水分をとっても、便秘解消にはつながりません。
むしろ、胃液が薄まり消化不良を起こしたり、余分な水分を排出するために頻尿となってしまいます。

 

こまめにコップ一杯程度をとるよう心掛けましょう。
仕事の合間になかなか水分補給が難しい職種や職場もあると思いますが、便秘の原因の一つは水分不足ですので気をつけましょう!


 

 

 

どんな水分を取るのが良いのか?

 

では、こまめにどんな水分を摂取すればいいのでしょうか?

 

水分不足の体の水分補給というと、すぐにスポーツ飲料が思い浮かびます。
もちろん、暑い夏、戸外で活動している時、激しいスポーツの後など、大量の汗をかいた後の水分補給には、スポーツ飲料を飲むのが効果的です。

 

でも、汗をあまりかいてない状態では、スポーツ飲料は糖分の取りすぎにも繋がります。

 

普段、仕事の合間に飲むなら、白湯がオススメです。
白湯がなければ、室温の水で代用
しましょう。

 

糖分が含まれたジュースや飲料、カフェインを含むものも、たまにはよいですが、できるだけ控えましょう。

 

暑い夏だと冷たいものをがぶ飲みしたくなりますが、冷たいものを取りすぎると体を冷やしてします。

 

もちろん、ビールなどのアルコールは、水分補給の飲料としては不向きです。

 

働く女性の便秘解消法,サプリメント,善玉菌のチカラ

 

 

水分補給には、カフェインを含むコーヒーや紅茶、お茶などは不向きです。

 

白湯や常温のお水がより適していますが、炭酸水もおすすめです。
胃腸を刺激し、蠕動運動を促す効果があります。

 

ただし、甘い炭酸飲料ではなく、無糖の炭酸水を選ぶようにしましょう!


 

 

水分不足から便秘になりやすい仕事環境

働く女性の中には、 水分不足からの便秘になりやすい仕事環境や仕事の内容の人も多くいます。

 

どんな状況が水分不足からくる便秘になりやすいのか、具体的にみていきましょう。

 

 

お客様と接する仕事

働く女性の便秘解消法,サプリメント,カイテキオリゴラ

銀行の窓口や販売員など、接客が中心の仕事についている女性は、常にお客様に見られている状態で、仕事中に水分の補給が難しくなります。

 

エアコンの効いた中での仕事であることがほとんどですが、それゆえに、喉の渇きにも気づきにくく、また、トイレに行ける時間が限られていることから、水分をセーブしてしまう女性も多いようです。

 

でも、そのような状況では体はかなり水分不足になっているはず。意識して、休憩時間の度に、水分を取るのを忘れないようにしたいものです。

 

 

看護師やキャビンアテンダント

働く女性の便秘解消法,サプリメント,カイテキオリゴ

看護師やキャビンアテンダントなどもこまめに水分補給をすることが難しい職種です。

 

患者や乗客を相手に忙しく働いていますから、汗として体内から水分が排出されている上に、なかなか水分補給に時間が割けられません。

 

また、勤務時間が不規則なケースも多々あります。夜勤があったり、食事の時間が不規則であるとそれだけでも便秘の原因となりますが、さらに水分不足が重なれば、よりひどい便秘を招きかねません。

 

なかなか難しいとは思いますが、1,2時間に1回は水分補給を心掛けたいものです。

 

 

オフィスでのデスクワーク中心の仕事

働く女性の便秘解消法,サプリメント,善玉菌のチカラ

エアコンが効いたオフィスでのデスクワークは、快適で、水分不足には、無縁のように見えます。

 

でも、だからこそ体が水分不足になっていることに気づかずに水分不足になることがあるので、安心できません。

 

また、オフィスでは、水分の補給といっても、お茶やコーヒーなどカフェイン入りの利尿作用もある飲み物がメインになることが多く、これでは十分な水分補給ができたとは言えません。

 

便秘気味の人は特に、意識してカフェインレスの水分を補給するように心がけてみてほしいものです。

 

 

ハードワーカーや経営者

働く女性の便秘解消法,サプリメント,善玉菌のチカラ

早朝から夜遅くまで働き詰めの女性もいます。
会社全体がみんな休憩もなく、残業続きで仕事をしていたり、役職がついていたり、経営者で日々忙しくしている人もいるでしょう。

 

お昼ご飯を摂るのもままならいほど忙しいと、こまめな水分補給まで気が回らないのが現実かもしれません。

 

また、水分補給といっても、コーヒーや栄養剤などばかり摂取していては、カフェインの利尿作用が働き、水分を補給する役割を果たしていないこともあります。

 

ハードワーカーや経営者は、ただでさえ便秘になりやすい生活を送っています。
便秘で体調を崩してしまっては仕事に支障をきたしますので、こまめな水分補給を意識して、健康を維持したいものです。

 

 

ダイエット中の働く女性

働く女性の便秘解消法,サプリメント,善玉菌のチカラ

これは、職業には直接関係ないのですが、アパレル関係の販売員やエステシャン、美容部員など美意識の高い働く女性の中にはダイエットに常に意識が向いている働く女性も多いでしょう。

 

ダイエット中の女性は、食事の量も少なく、体重を抑えるために、水分も控える人が多いのですが、一歩間違えると、脱水症状を起こしかねません。

 

肉の量を減らすのはともかく、食物繊維はしっかりとり、同時に水分だけは1日に必要な量を守るようにしましょう。

 

間違ったダイエットは、便秘につながり、余計に痩せにくい体質になってしまうこともありますので、十分な注意が必要です。

 

十分に水分が摂れない状況でも便秘になりにくくするには

水分補給の重要性は伝わったのではないかと思います。

 

しかしながら、仕事や生活条件などによって、十分に水分が補給できない時もあるでしょう。そういう場合にも、なるべくお尻のかゆみの原因である便秘になりにくくするには、腸内環境を整えることが重要です。

 

そのためには、食生活や生活習慣を規則正しくすることもありますが、効率良く腸内環境を整えるには、オリゴ糖などのサプリメントに頼ることもオススメです。

 

まとめ

1 水分が不足すると便秘になりやすくなり、お尻のかゆみ、肛門?痒症の原因となりがち

 

2 水分補給は便秘解消にも、健康を維持する上でも非常に重要

 

3 喉の渇きに関わらず、一日2〜2.5リットルの水分補給が必要。一度にたくさんの水を飲むのではなく、コップ一杯程度をこまめに補給することが大切

 

4 職業上や生活上、水分補給をしづらいこともあります。その場合、便秘になりにくくするために、腸内環境を整えることが重要

 

 

お尻かゆい!肛門掻痒症改善ナビTOPに戻る

 

スポンサーリンク