お尻かゆい 肛門掻痒症 改善

お尻かゆい!「肛門掻痒症」からくる女性の痔

お尻かゆい,肛門掻痒症,改善

 

お尻のかゆみ(肛門掻痒症)の主な原因に便秘があります。便秘によって肛門付近に便が付着し、それがかゆみの原因となります。さらに、かゆみから掻いてしまうことで皮膚が傷つき、そこにかゆみが生じるようになります。さらに、その傷部分を掻いてしまって…と悪循環になりがちです。気付けば、お尻全体がただれてしまって、かゆみで耐えられない、ということもあります。

 

さらに、お尻のかゆみの原因である便秘に悩む女性に追い打ちをかけるのが、便秘が原因で引き起こされる痔です。

 

場所が場所だけに恥ずかしくて、誰にも相談できなかったり、病院に行くのをためらったりする女性も多いのですが、痔は悪化させてしまうと本当に大変です。

 

便秘が痔を引き起こし、痔のせいでさらに便秘が悪化するという悪循環に陥るケースもあります。

 

ひどくなると、仕事にも支障をきたしかねない痔は、働く女性にとって深刻な問題です。

 

そこで今回は、便秘が原因で起こる痔について、その原因と解決策を探っていきます。

 

 

女性が秘密にしたい痔の悩み、その原因は便秘かも

お尻かゆい,肛門掻痒症,改善

 

便秘に悩む女性の中で、痔を併発してしまう人も少なくありません。
便秘は痔を引き起こす大きな原因です。

 

たかが、便秘と思って放っておくと、痔を引き起こし、その痔のせいでさらに便秘が悪化することもあります。
また、痔そのものも、悪化すると日常生活に支障をきたすことになり、最悪、手術が必要になることだってあるのです。

 

痔かなと思ったら、放っておかずに、早めの対処が大切です。
そんな経験者の体験談にまずは耳を傾けてみましょう。

 

 

【経験談1】 「ちょっと切れただけ、たかが切れ痔(裂肛)と油断していたら…」

お尻かゆい,肛門掻痒症,改善

ケーキ屋勤務のKさん(28歳)の場合

 

普段から便秘気味でしたが、お通じは2日に1回の割合でありましたから、さほど気にしたことはなかったんです。

 

でも、クリスマス前の繁忙期は残業も続いていた上に、忘年会シーズンで、あちこち飲み歩いて、暴飲暴食の上に寝不足で、気が付いたら4日以上もお通じがないことがありました。

 

肛門付近がムズムズと痒くなってきて、便が出そうで出ない感じが続きました。
「あ〜やばいな」と思い、トイレにこもっていきんだら、なんとか硬い便が出てくれたのですが、トイレットペーパーにうっすらと血がついていました。
こんなことは、初めてでしたが、肛門をトイレットペーパーで拭いた時軽い痛みもあったので、切れ痔になっちゃったのかもと思いました。

 

でも、切れただけだし、ただの傷だし、自然に治るだろうと、たかをくくっていました。

 

ところが、排便の度に、いきむせいか、傷口が開いてしまい、排便時の痛みがどんどんひどくなるのです。
気がつくと、少し傷のあたりが腫れているようにも思えます。。(この腫れのようなものは、のちに「見張りイボ」と分かりました)

 

「これは本当にやばいのかも」と思い、すごい恥ずかしかったのですが、新年早々、病院へ行きました。

 

お医者さんによると、切れ痔は繰り返しやすく、特に便秘の人は、慢性化してしまうことが多いようです。
また、場所的に細菌が入りやすいだけに、化膿してしまうこともあるそうです。

 

痔の治療と合わせて、便秘にならないように生活習慣の改善をするように気をつけましょうね、というアドバイスもいただきました。

 

たかが便秘、たかが切れ痔と思わずに、きちんとケアするのが大切なんだなあと、身をもって実感した出来事となりました。
ちなみに、肛門付近がムズムズとしたかゆみも便秘が原因だったようです。

 

お尻かゆい,肛門掻痒症,改善

職業によって繁忙期というのがありますよね。
繁忙期にはついつい頑張り過ぎてしまう、責任感の強い女性が非常に多いです!
また年末ともなると、お誘いも多く、暴飲暴食もしがち。
便秘から切れ痔になると、痛みで便意を我慢するようなって、さらに便秘が悪化という悪循環に陥りがちです!!!
便秘による肛門付近のムズムズとしたかゆみも、掻いてしまうとどんどん悪化してしまいます。
繁忙期で忙しくても、便秘になりにくいよう腸内環境を整えましょう!

 

 

【経験談2】 「妊娠&出産を機に、便秘といぼ痔が悪化、でも仕事も休めない」

お尻かゆい,肛門掻痒症,改善

会社員Nさん(33歳)の場合

 

妊娠すると便秘になるって言われますが、学生時代から便秘気味だった私は、妊娠中は4〜5日出ないこともあって、けっこう辛かったです。便秘の時には決まって、お尻がかゆくて、耐えられずにボリボリ掻いてしまうので、皮膚がボロボロになってしまうこともありました。

 

その時に初めてになりました。

 

でも、最初は、少し血がトイレットペーパーにつくくらいで痛みはありませんでしたし、正直気にも留めていませんでした。

 

出産後は、赤ちゃんのお世話に必死だったし、生後3ヶ月くらいで子を保育園に預けて職場復帰し、あまり自分の健康管理に目がいってなかったとは思います。
今思うと、あの頃の私は体力的にも精神的にもかなり疲れて無理していました。
寝不足だったし、ストレスも溜まっていました。

 

すると、妊娠中以上に便秘が悪化していて、1週間近くお通じがなかったり! 日々の生活が忙しすぎたので、便通があったかどうかなんてほとんど気にしていなかったです。でも、無意識にお尻を掻いている自分に気付き、そういえば便秘が続いている!出ていない!と大慌てになりました。

 

そして恐ろしいことにいぼ痔も悪化してしまい、手で押し込まないとイボが戻らない状態になってしまったのです。

 

ここまで悪化すると自力で直すのは難しい、と思い悩んだのですがついに病院に行きました。

 

育児や仕事で病院に行く暇がないほど忙しいのは本当でしたが、本音は、痔で病院に行くなんて恥ずかし過ぎました。
でも、自己判断でここまでこじらせてしまって反省しています。

 

もっと早く病院に行けば良かった・・・。
便秘を放置しなければ良かった・・・。

 

お尻かゆい,肛門掻痒症,改善

妊娠・出産期には便秘に悩む女性が非常に多いです。
便秘以外に気にかけることや悩むことが多いため、ついつい対処が後回しになりがち。
お尻(肛門)のかゆみを感じていたら、便秘のサインかも、と排便状況を思い出してみるのも良いかもしれません。
そして、少量の出血程度の時に便秘を解消しておかないと、どんどん悪化し、イボ痔になってしまっては治療に通うのも大変です。
便秘にならないよう予防していくのが大切です!!

 

お尻かゆい,肛門掻痒症,改善

 

確かに便秘以上に恥ずかしいのが、痔の検診かもしれません。
でも、便秘と痔は密接に関係していて、両方一度に治してしまうのが一番確実です。

 

まずは勇気を出して病院に行き、痔の状態を診てもらい、同時に便秘解消していきましょう!


便秘が痔を引き起こすのは何故?

先に見たように、便秘と痔はお互いに関係していて、便秘になると痔になりやすくなり、痔になるとさらに便秘が悪化します。

 

では、一体、何故、便秘だと痔になりやすいのでしょうか?
便秘になると、便は硬くなります。
そのため、強くいきんで無理やり出さなければならなくなります。

 

その時に、硬い便が排出時に肛門を傷つけ、肛門の皮膚が切れたり、裂けたりすることがあります。
肛門が裂けると排便の度に痛みを感じますので、便意を我慢することが増え、さらに便秘を悪化させることになります。

 

また、たとえ肛門に傷をつけなかったとしても、硬い便が肛門に負荷をかけ、肛門部分の血管を圧迫し、静脈瘤になることもあります。

 

お尻かゆい,肛門掻痒症,改善

 

 

 

便秘になると、簡単に排便することができませんので、長い時間いきむことが増えてきます。
そのような緊張状態が続くと、肛門部分の血液がその流れを阻害されてしまいます。

 

このように、肛門付近の静脈の血行が悪くなることも痔の大きな原因になるのです。


様々な痔の種類と症状、その原因

痔といっても、その種類はいろいろあります。

 

まずは、痔の種類とその症状について見てみましょう。

 

いぼ痔/痔核(じかく)

痔といえば、いぼ痔(痔核)をイメージする人が多いのではないでしょうか? 男女ともに最も多いのがいぼ痔です。
肛門周辺に、いぼのような腫れ物(静脈瘤)ができてしまうものなのですが、いぼ痔には次の2種類があります。

 

内痔核(ないじかく)

内痔核は、肛門の内側にいぼができます。

 

初期にはほとんど痛みもありませんし、内側にあるために手で触ってもわかりません。
ただ、排便時に出血は見られます。
症状がだんだん進むと、排便時にいぼが外側に飛び出してきたり、飛び出したいぼを自分で押し戻さないとならなくなったりします。

 

主な原因は、排便時のいきみ、長時間同じ姿勢でいること(座りっぱなし、あるいは立ちっぱなし)、妊娠や出産などです。

 

外痔核(がいじかく)

外痔核は、肛門の外にできるいぼです。

 

肛門を触ると、いぼがあることが確認できます。
排便時には出血があり、痛みも感じます。
いぼが炎症を起こし、腫れて痛みます。

 

主な原因は、便秘や下痢、お酒の飲み過ぎ、刺激物の過剰摂取、ストレス、冷えなどです。

 

切れ痔/裂肛(れっこう)

切れ痔(裂肛)は、肛門周辺の皮膚が切れたり、裂けたりする痔です。

 

肛門周辺の皮膚に傷のある状態ですので、排便の度にその傷が裂けて、痛みが生じます。
内側からの出血があるわけではないので、出血量自体は少ないのですが、裂けた傷からの若干の出血があります。

 

主な原因は、硬い便、長期化した下痢です。

 

あな痔/痔瘻(じろう)

あな痔(痔瘻)は、細菌によって、肛門のまわりが化膿し、膿がたまる種類の痔です。

 

細菌に感染して起こる化膿ですから、肛門全体がズキズキと痛く、時には38度以上の高熱を伴うこともあります。
出血はあまりありませんが、排便時に膿が出ることはあります。

 

主な原因は、下痢やストレスなどによる免疫力の低下にあります。

女性に多い、便秘が原因で引き起こされる痔は?

お尻のかゆみの原因が便秘であることが少なくないです。そのため、お尻のかゆみを放置していると、便秘も放置している状態となってしまいます。
そうすると、先に見たように、痔の種類はいろいろあるのですが、働く女性によく見られる、便秘が原因で引き起こされる痔は、いぼ痔(痔核)と切れ痔(裂肛)です。

 

便秘で悩む女性にいぼ痔(痔核)が多い理由

 

お尻かゆい,肛門掻痒症,改善

いぼ痔(痔核)とは、肛門周辺にいぼのような腫れ物(静脈瘤)ができる痔のことですが、静脈瘤は、肛門周辺の静脈の血流が阻害され、血液が滞留することからできてしまうものです。

 

血流が阻害される原因はいろいろあるのですが、原因の一つは排便時の強いいきみです。
便秘になると便が硬くなり、強く長くいきまないと出てこない時があります。
女性の中には、毎回トイレで10分以上いきむ人もいるようですが、肛門周辺の筋肉が長い時間緊張自体におかれると、静脈の血行は悪くなってしまいます。

 

その上に、デスクワークで一日中座っていたり、その逆に、販売業や飲食店勤務で一日中立ちっぱなしだったりすると、さらに、血行が悪くなってしまいます。
また、冷房が効いた室内での同じ姿勢での作業は、体を冷やし、血行をさらに悪くしてしまうことに。

 

さらに、女性であれば、妊娠、出産する機会もありますが、それがきっかけで便秘や痔になる人も多く、その後、完全に治療しないままにすると、出産後も再発しがちです。

 

 

便秘で悩む女性に切れ痔(裂肛)が多い理由

 

お尻かゆい,肛門掻痒症,改善

切れ痔の一番の原因は、ズバリ、硬い便です。

 

直腸性便秘の影響による、硬くて太い便ならなおさらでしょう。
男性よりも女性の方が切れ痔になる人が多いと言われていますが、それは、女性の方が便秘で悩む人が多いからでしょう。

 

特に働く女性は、様々なストレスや生活環境の乱れから慢性的な便秘になってしまっている人も多くいます。

 

切れ痔は肛門付近の皮膚の裂傷、切り傷です。
切り傷ということは、普通なら自然に傷がふさがって治ってしまうものです。
でも、慢性的な便秘の場合、再び排便する時に硬い便となっているので、傷が治るどころか、さらに傷口を大きくしてしまうこともあります。

 

また、細菌が入りやすい場所でもありますので、下手をすると傷口が化膿してしまうことも。そして、痔自体がかゆみの原因となってしまうこともあります。
慢性化する前に早めに治したいものです。

 

便秘が原因のいぼ痔(痔核)や切れ痔(裂肛)が悪化するとどうなるの?

お尻かゆい,肛門掻痒症,改善

初期のうちなら、治すのに時間がかからない痔でも、症状が悪化すると治療に時間がかかったり、最悪の場合は、手術が必要になることもあります。

 

にも関わらず、なかなか病院に行こうとしない女性は多いのです。場所が肛門だけに恥ずかしいというのが一番の理由です。もちろん、若い女性にとって、たとえお医者さんとはいえ、他人に肛門を見せるのは恥ずかしいものです。

 

でも、痔は悪化すると慢性化しやすく、自分ではなかなか対処できません。

 

そして、便秘が原因の痔の場合、便秘が解消されない限り、自然に痔の症状がよくなることはほとんどないと言ってもいいようです。
というのは、便秘が痔を悪化させるだけでなく、痔もまた便秘を悪化させるからです。

 

そして、痔が悪化すると、排便時以外も痛みが続く、痛みで椅子に座ることができなくなる、イボが出てきて指で押してもなかなか中に入らなくなるなど、自分ではどうにも対処できない状況になってしまいます。
ここまで悪化させてしまうと、治療にも時間がかかり、最悪は入院、手術が必要となりますので、早めに医師に相談することをおすすめします。

 

 

お尻かゆい,肛門掻痒症,改善

 

 

便秘による痔の発症は、意外と多いのです。

 

硬い便を強くいきんで出そうとしたりするのは、痔になりやすいだけでなく、脳卒中などを引き起こす危険もあります。
くれぐれも注意しましょう。


痔によく似た危険な病気という可能性もある

お尻かゆい,肛門掻痒症,改善

便秘の女性が、肛門から出血した場合、痔である可能性は高いのですが、痔以外の病気の可能性がないわけではありません。

 

命の危険がある病気の場合もあります。

 

少しでも不安な時は、医師の診察を受けましょう。

 

痔に間違えやすい危険な病気

 

大腸がん

最も痔と間違えやすいのが大腸ガンです。
便秘と下痢を繰り返すところは痙攣性便秘の症状に似ていますし、残便感があるところも便秘の症状に思われます。
また、その上に便に血がまじってみられることもあるため、便秘による痔だと勘違いされることも多いのです。

 

直腸がん

排便時に出血するのが特徴ですが、排便時に痛みを伴うことが少ないために、内痔核と間違われることが多いのですが、実は直腸癌であったというケースもあります。

便秘が原因の女性の痔の対策には、便秘の解消が欠かせません

お尻のかゆみの原因が便秘である場合、放置をしてしまうと便秘も放置してしまうことになり、痔を引き起こしてしまうことがあります。
そのため、便秘が原因で引き起こされる痔に対する、根本的な解消方法は、便秘の解消しかありません。

 

便秘のまま、その場しのぎの対処方法をとっても、根本原因の便秘が解消されないままでは、痔が再発する可能性も高いのです。

 

便秘が解消することで、痔だけでなく、お尻のかゆみも解消できます。

 

便秘を解消するには、まずは便秘の原因となっていることを探り、改善することが重要です。

 

食生活の改善

お尻かゆい,肛門掻痒症,改善

食生活が乱れがちな女性は非常に多いです。特に、働く女性や一人暮らしの女性は、外食やファーストフードで済ますことが多くなり、栄養バランスが偏ってしまい、その結果便秘になっていることがよくあります。
特に、塩分の摂り過ぎ、食物繊維不足、肉類の食べ過ぎは便秘の原因となりがちですので、気をつけましょう。

 

また野菜不足の場合は、野菜ジュースや青汁などで栄養を補給しましょう。中でも、ジュレタイプの青汁は、手軽に食べることができて、さらに便秘解消に有効な成分が豊富に含まれているのでオススメです。

「食生活からくるお尻のかゆみ」

 

水分不足の解消

お尻かゆい,肛門掻痒症,改善

水分が不足すると、便自体の水分も少なくなり、便が固くなり便秘となってしまいます。
大人であれば1日2〜2.5リットルくらいの水分補給が必要です。一度にたくさん飲むのではなくて、コップ1杯程度をこまめに補給することが効果的です。

 

また、水分といっても、コーヒーや紅茶などのカフェイン入りのものや、ビールなどのアルコール類は、水分補給とはなりません。逆に利尿作用があり、水分が排出されてしまうことにもなります。ですから、水分補給に一番良いのは常温の水になります。

「水分不足からくるお尻のかゆみ」

 

規則正しい生活

お尻かゆい,肛門掻痒症,改善

睡眠不足や運動不足も便秘の原因となってしまいます。
夜更かしをして、就寝する寸前まで食事をしていたり、スマホなどを見ていると、質の良い睡眠とは程遠くなってしまいます。できるだけ就寝時間の2〜3時間前までには食事を終わらせるようにし、寝る間際のスマホやタブレットの見過ぎは止めましょう。ブルーライトは、覚醒作用があり、睡眠の妨げとなってしまいます。

 

また、運動不足により筋力が不足すると、いきむ力が弱くなり、便秘とつながってしまうこともあります。忙しい生活の中でも、ウォーキングやストレッチなど、少しでも体を動かすようにしましょう。

「睡眠不足からくるお尻のかゆみ」

 

ストレス

お尻かゆい,肛門掻痒症,改善

ストレスは、便秘の大きな原因となります。時に下痢を起こすこともあります。
腸の動きは自律神経によってコントロールされており、ストレスによって自律神経のバランスが乱れると、腸の動きにも影響を及ぼします。

 

ストレスの要因となることを取り除くことが一番重要です。また、ストレスの要因を取り除けない場合は、スポーツや趣味などでストレスを発散するようにしましょう。

「水分不足からくるお尻のかゆみ」

痔になりにくいよう、腸内環境を整える

まとめ

・お尻のかゆみ(肛門掻痒症)の原因は便秘であることが多いです
・便秘を放置すると、お尻のかゆみが続くだけでなく、痔になることがあります
・痔になり、悪化してしまうと、場合によっては手術が必要になります
・痔は繰り返されることが多いです
・痔を解消するには、便秘を改善することが重要です

 

 

お尻かゆい!肛門掻痒症改善ナビTOPに戻る