お尻かゆい 肛門掻痒症 激しい腹痛や嘔吐

お尻かゆい!「肛門掻痒症」からくる女性の腹痛、嘔吐

お尻かゆい,肛門掻痒症,激しい腹痛,嘔吐
お尻のかゆみ(肛門掻痒症)は便秘が原因となっていることが多いです。
そして、便秘になるとお腹が張ったり、ガスが出たり、女性にとって不快な症状がいろいろと起こります。腹痛や、嘔吐も便秘が原因で起きる症状の一つなのです。

 

思わずうずくまりたくなるような痛みや突然の嘔吐は、仕事にも支障をきたします。便秘は悪化すると、激しい腹痛や、吐き気や嘔吐を引き起こしかねないのです。

 

そこで、今回は、便秘が原因で起こる腹痛や、嘔吐の症状や対策について見ていきたいと思います。

 

便秘を放置していたら、仕事に支障が出るような腹痛や嘔吐を起こしかねない!?

お尻のかゆみ(肛門掻痒症)の原因ともなる便秘とは、便が腸に停滞しているような状態ですから、お腹の張りやガスが気になるのは当然です。

 

でも、そのまま便秘を放置していると、立っていられないくらいの激しい腹痛や、突発的な嘔吐を引き起こすこともあるのです。のたうち回って冷や汗が出たという人や、中には、痛みで気絶してしまう人もいるくらいです。胃がひっくり返ったかと思うくらい豪快に吐いてしまったという話も。

 

こういう症状がでるのは、1週間以上便秘が続いているような重症の場合が多く、ここまでくると、実はかなり腸内環境は悪化している状態で危険です。救急車で病院に運ばれるケースもありますので、注意が必要です。
まずは、実際に体験者の声を見てみましょう。

 

 

【経験談1】 「笑い事じゃない!便秘による腹痛でのたうち回って、救急車で運ばれた私」

お尻かゆい,肛門掻痒症,激しい腹痛,嘔吐

会計事務所勤務 Rさん(33歳)

 

今年の夏の話です。
あの日は、すごく暑い日で、なかなか寝付けなかったのですが、夜中になってお腹まで痛くなり始めました。普段から便秘気味の私でしたが、今回は、1週間以上出てなかったので、今こそ出さなくっちゃと、ゴソゴソ起き出してトイレにこもりました。

 

でも、お腹は痛いのに、全然出てきてくれません。いきんでみたり、お腹をさすったりしても、ダメで、それなのにどんどん痛みが増していきます。便器に座っていられないくらい痛くなり、暑くて汗をかいているのか、冷や汗なのかもわからなくなり、最後は床の上でのたうち回って、うんうん唸っていました。結構大きな声で唸っていたんでしょうね、目が覚めて私の異変に気づいた夫が驚いて救急車を呼んでくれました。

 

病院では、看護婦さんも慣れたもので、テキパキと処理(いわゆる摘便)をしてくれましたが、でも、恥ずかしいし情けなかったです。ただ、このまま放っておいたら、便秘が原因の腸閉塞になりかねなかったと言われました。便秘も悪化すると怖いですね。

 

その日は、腹痛が治まらなかったので、様子を見るために入院。

 

便秘で救急車に乗ったり、入院したりする羽目になるとは、自分でも信じられません。それ以来溜め込まないように気をつけてます。

 

お尻かゆい,肛門掻痒症,激しい腹痛,嘔吐

激しい腹痛で、救急車を呼ぶほどの状況は、非常にひどい便秘だったと思います。
便秘は悪化させてしまうと、腸閉塞を引き起こすこともありますし、そうなると絶飲食となり、処置方法は鼻からイレウス管という吸引チューブを入れる方法と開腹手術があるそうです。
非常に苦しい思いをすることになりますから、そうならないよう早めに便秘を解消しておきたいですね。

 

【経験談2】 「夜中の嘔吐と、便がぎっしり詰まった腸」

お尻かゆい,肛門掻痒症,激しい腹痛,嘔吐

商社勤務 Hさん(25歳)

 

高校生の頃からひどい便秘に悩まされていた私ですが、あの時ほどひどい便秘は今まで経験したことがありませんでした。

 

10日間くらい出てなかったと思います。普段なら、もっと早くに下剤を使うのですが、下剤って加減が微妙じゃないですか?
私は腸が繊細なのか、下剤を使うと下痢になることも多く、仕事に行かねばならない時は心配なので、下剤を使うのはいつも週末でした。

 

でも、その週は急に週末に出張が入ってしまって、下剤を飲む機会を逃してしまったんです。

 

そんなわけで、ずっと溜め込んだまま次の週まで持ち込んでしまった私、週明けくらいから、軽い胃痛というか、胸焼けというかもやもやした状態ではあったんです。

 

それが、あの夜、急に気持ち悪くなって目が覚めました。お腹と胃の痛みと共に、猛烈な吐き気がきて、急いでトイレに駆け込み3回、ものすごい勢いで嘔吐。飲み過ぎたり食べ過ぎたりしたわけでもないのに、あんなに吐いたのは人生で初めてでした。

 

その後も胃痛が残っていたので、何か悪い病気かと思い、翌日病院へ行きました。

 

念のため、レントゲンを撮ったのです。
そしたら、なんと、便秘で腸が便いっぱいになってしまっているために、食べた物が行き場を失い、逆流したために嘔吐したということがわかったのです。便秘をここまでこじらせると嘔吐にいたるんですね。
医師の説明を受け、非常に驚きました。

 

お尻かゆい,肛門掻痒症,激しい腹痛,嘔吐

下剤を常用していると、だんだん効き目が弱くなってしまったり、さらに下剤を使わないと排便が促せないようになり、便秘を悪化させてしまいます。
嘔吐してしまうほど腸に便が溜まった状態というのは、相当ひどい便秘です。
下剤を飲まなくても便がスムーズに出るようになるようにしないと、将来的に腸閉塞や大腸癌を引き起こしてしまう可能性が出てきます。
便秘の原因を突き止め、また腸内環境を整えるようにすることが重要です。

 

【経験談3】 「便臭のゲロを吐いた私。吐糞症になった私の最悪な経験」

お尻かゆい,肛門掻痒症,激しい腹痛,嘔吐

派遣社員 Wさん(21歳)

 

3連休中の最終日、夜になって突然嘔吐したんです。何とかトイレに間に合って吐きましたけど、もう少し遅かったら廊下に吐いていたところでした。

 

しかも、普通の嘔吐の臭いではなく、うんこのような便臭がして、その臭いでさらに吐き気をもよおしてしまって、二度三度と吐き続けました。

 

連休中、仲間と一緒に遊んでばっかりだったので、その疲れが出たのかと思ったんです。でも腹痛もひどく、吐いたせいか目まいもしてきて、滅多に風邪も引かないような私なので、同居の父と母が非常に心配をして、夜間救急病院に行くことにしたんです。

 

幸いにも、家から車で5分ほどのところにあったので良かったのですが、車の中でも嘔吐し、病院に着いてからもまた待っている間に嘔吐しました。

 

医師の診察を受け、検査をすると、「吐糞症」と言われ、入院となりました。便秘による腸閉塞(イレウス)とのことです。

 

高校卒業後から2年間アパレルの販売員として働いていたのですが、仲間と遊べるように土日休みの事務員になりたくて、半年くらい前から派遣社員として働くようになったんです。慣れない仕事内容の上、上司との上下関係がはっきりしていて、ストレスや緊張から便秘気味となっていたんです。

 

でも、「今日もうんこ出ないなー」とか、「この間うんこ出たの、いつだっけ?」とか、便秘に対して全く深く考えていなくて、「そのうち出るだろう」と放置していました。それが、「吐糞症」という最悪な結果を生み出してしまったのです。

 

突然入院してしまい欠勤が続いたこともありますが、事務職を続けているとストレスから便秘になって、また吐糞症となることを恐れて、これを機に土日休みの販売職に転職しました。自分に合わない仕事を続けるということは、こういうことにもつながるのかと思い知りました。

 

お尻かゆい,肛門掻痒症,激しい腹痛,嘔吐

便秘状態であるにも関わらず、何の対処もせず放置し続けると、本当に大変なことになってしまいます。
吐糞症となると、入院し、鼻からイレウス管というチューブを入れ、胃や腸にある嘔吐の元となる内容物を吸い上げるそうで、経験者に聞くと非常に辛い治療だそう。
便秘から何度も吐糞症を繰り返すと手術になることもありますし、そうならないよう、普段から便秘予防となる腸内環境を整えることが大切です。

便秘になると腹痛が起こる理由

お尻かゆい,肛門掻痒症,激しい腹痛,嘔吐

便秘になるとお腹が張るし、ガスも出ます。お腹の張りがひどくなると痛みを感じる人は多いでしょう。

 

しかし、我慢できる程度の痛みならまだしも、放置していると、立っていられないくらいの激しい痛みを感じる人も出てきます。そうなったら、要注意!かなり便秘が悪化している状態です。

 

でも、何故、便秘になるとこのような激しい腹痛が起こるのでしょう?

 

便秘というのは、排出されるべき老廃物である便が腸内に長時間停滞している状態です。便が停滞した腸内では、悪玉菌が優勢になり、便は時間が経てば経つほど、発酵が進み腐敗します。

 

このように便の腐敗が進むと腸内には、有害なガスが発生します。便が溜まっている上に、ガスがどんどん発生しているのですから、お腹は張り、胃などの他の臓器まで圧迫します。それが腹痛の原因です。

 

便秘が長引けば長引くほど、腸内の便もガスも増え、痛みも軽いものから強いものへと変わっていきます。そうなると、便意を催した時や排便時以外にも腹痛を感じるようになり、日常生活や仕事にも支障をきたしてしまいますので、早めの対処が必要です。

 

便秘になると吐き気や嘔吐が起こる理由

お尻かゆい,肛門掻痒症,激しい腹痛,嘔吐

便秘から腹痛が起きるのは納得できても、吐き気や嘔吐も便秘で起こりうるというと、不思議に思われる方も多いかもしれません。しかし、便秘が長引いた場合は、腹痛だけでなく、胃痛や吐き気、さらには嘔吐まで引き起こしかねません。

 

吐き気や嘔吐の症状が出ると、日常生活に支障をきたしたり出社することも難しくなりますので、放っておくことはできません。かなり便秘が悪化している可能性もあります。

 

便秘による吐き気や嘔吐の原因は大きく3つ考えられます。

 

便秘による吐き気や嘔吐の3つの原因

 

痙攣性便秘である場合

 

便秘かと思うと、数日後には下痢が続いたり、また便秘になったり、という風に便秘と下痢を繰りかえす腸の異常な蠕動運動から引き起こされる痙攣性便秘

 

ストレスなどによる自律神経の乱れが最も大きな原因であると考えられていますが、自律神経の乱れは、吐き気や頭痛なども誘発することが多いのです。

 

新陳代謝が低下し、消化不良である場合

 

便秘が悪化すると、腸内に大量に有害なガスが発生します。
それらは、血液を通して全身に運ばれて、体の様々な機能を低下させてしまいます。
そのために新陳代謝も低下し、肩こり、腰痛、頭痛の他、消化不良や、それによる吐き気などが起こることがあります。

 

腸内ガスと便による圧迫

 

便秘が1週間以上も続いた場合、腸内にはかなりの便とガスが溜まっている状態になります。
お腹は張り、胃にも腸から圧力がかかります。
それが胸焼けや、吐き気を引き起こす原因になります。
ひどい場合は、食べ物が逆流して、嘔吐することもあります。

突然の嘔吐や激痛は、糞便性イレウス(腸閉塞)の可能性

お尻かゆい,肛門掻痒症,激しい腹痛,嘔吐

便秘が1〜2週間も続いた場合、突然の激しい嘔吐や、激しい腹痛に襲われることがあります。
もしかすると、糞便性イレウスかもしれません。

 

便秘により硬い便が腸に詰まることが原因で引き起こされる腸閉塞を起こした場合は、糞便性イレウスと呼ばれます。

 

腸が完全に便で塞がれているために、胃に入った食べ物は行き場を失い逆流し嘔吐を引き起こします。閉塞部分が下位であるほど、嘔吐物には便臭をともなうようになります。吐糞症(とふんしょう)とも呼ばれています。

 

また腹痛ものたうちまわるほどの激しいものになります。ここまでくるとかなり危険な状態です。自力で便を排出するのは不可能だし、命の危険もあります。
早急に病院へ行くことをおすすめします。

 

便秘以外の病気が原因の腹痛や吐き気、嘔吐の時も

便秘が長引いており、腹痛や、吐き気、嘔吐の症状が出ている場合でも、その裏に別の病気が潜んでいることもあります。中には危険な病気もありますので、少しでもおかしいと感じたら、自己判断しないで、医師の診断を仰ぎましょう。

 

お尻かゆい,肛門掻痒症,激しい腹痛,嘔吐

 

たかが便秘だからと軽く見ていたり、便秘くらいで病院の診察を受けるのは大げさと思われるかもと心配したりすることもあると思います。また、便秘で病院に行くのは恥ずかしいなどと思う女性も多いようです。しかし、激しい腹痛や、突発的な嘔吐は他の病気であることも多いので、診察を受けた方が安心です。


 

腹痛、嘔吐の症状が出る便秘の以外の病気でよく見られるものは次の2つです。

 

 

腸閉塞

便秘が原因で便が腸を塞ぐ糞便性イレウスとは違い、腸の癒着や、腸内の腫瘍など、腸自体の異常で腸が塞がれるのが腸閉塞です。

 

腸が塞がれているために、便秘、吐き気や嘔吐を伴う腹痛が見られます。

 

大腸がん

初期症状がほとんどない大腸がんは、発見が遅くなりがちな病気です。
最初は、下痢や便秘などの便通異常、血便、腹痛、腹部のしこり程度しか見られません。

 

症状が進行すると、腸が腫瘍で塞がれ、激しい腹痛や嘔吐を伴います。
大腸がんの症状は便秘に似ているために、病院に行くのが遅れることもあります。
血便が見られる場合は、すぐに診察を受けましょう。

 

お尻かゆい,肛門掻痒症,激しい腹痛,嘔吐

 

女性の場合、生理や妊娠によっても、便秘と同時に、腹痛や吐き気が起きることがあります。
特に、気づかないうちに妊娠していた場合、気軽に便秘薬や他の薬を飲んでしまって、あとから後悔してしまうこともあります。
またひどい生理痛の場合には、何か女性特有の疾患があることもあります。

 

いつもと何かが違うな?と感じたら、医師の診断を仰ぐことをおすすめします。


真夜中に激しい腹痛や、嘔吐に襲われた時は?

もし、真夜中に激しい腹痛や嘔吐に襲われた場合、どうすればいいのでしょう?
嘔吐の後も腹痛が治まらない場合、のたうちまわるような腹痛が継続する、あるいは断続的にある場合は、すぐに病院に行くようにしましょう。便秘が原因の場合は浣腸や下剤による治療が行われることが多いでしょう。

 

また、便秘慣れしている方の中には、自宅で浣腸剤を使う方も多いようです。特に女性の場合は、病院に行くのが恥ずかしいというのがあるのでしょう。しかしながら、安易に浣腸薬を使うことはおすすめできません浣腸薬などの便秘薬の常用は、腸に負担になりますし、便秘薬がなければ排便できない体質を作り出す可能性があるからです。

 

それから、浣腸などをしても、すぐに便秘を繰り返すのであれば、別の病気の可能性もありますので、一度、きちんと検査を受けた方が安心です。

 

お尻かゆい,肛門掻痒症,激しい腹痛,嘔吐

 

夜中に腹痛で夜間救急を利用する人のうち、原因が便秘であることが意外と多いそうです。

 

というのは、夜間に便を作るために腸の蠕動運動が活発化しますので、すでに便秘の場合、腸に便や有害ガスが詰まった状態で蠕動運動が起きますから、その動きにより、まわりの胃などの内臓が刺激され腹痛が起きることになります。
また便秘の状態がひどかったりすると、嘔吐することにもなります。

 


便秘が原因の腹痛、吐き気や嘔吐の解消法

便秘が原因で引き起こされる腹痛、吐き気、嘔吐に対する、根本的な解消方法は、便秘の解消しかありません。

 

症状が初期のうちは、マッサージや、温かい飲み物や、ストレッチなどで一時的に解消できるかもしれませんが、便秘を放置したままでは、また同じ症状に悩まされることになります。立っていられないくらいの激しい腹痛や、激しい嘔吐の場合は、すぐにでも病院に行って処置してもらうことが必要です。また、しばらくすると治る程度であれば、様子を見ながら、便秘の解消を心がけていきましょう。

 

そして、便秘の解消は、それぞれの便秘の原因を知ることから始まります。便秘の原因は様々で、その原因によって対処方法が変わってくるからです。主な便秘の原因には、下記のことが考えられます。ご自身に当てはまるかどうか、確認してみましょう。

 

 

いかがでしたか?

 

ご自身に、当てはまる便秘の原因になるものがあれば、その改善をしていきましょう。ただ、便秘の原因に関して、その全ての問題を改善、あるいは排除するのは現実的には不可能だったりします。

 

例えば、出張の多い仕事の場合、どうしても外食が多くなってしまいますし、仕事の繁忙期には、残業が多く、どうしても寝不足になりがちです。交代制勤務や夜勤がある、看護師やキャビンアテンダントの場合は、毎日規則正しい生活を送ることが不可能だったりします。

 

もちろん、できる範囲での生活改善の努力は必要ですが、どうしても原因を解消できない場合は、腸内環境の改善を主に行うことが大切です。
というのも、健康な腸内環境が維持できていれば、多少便秘の原因となる食生活や生活習慣の乱れが起きても、便秘になりにくいからです。善玉菌を増やし腸の健康を保つことは、体の免疫力をアップし、体全体の健康を支える力にもなります。

 

そうすることで、便秘による吐き気や嘔吐の解消になりますし、何より、肛門掻痒症によるお尻のかゆみも改善されます。

 

肛門掻痒症を引き起こす便秘解消のために腸内環境を整える

まとめ

・お尻がかゆい肛門掻痒症の原因の一つは便秘です。
・便秘を放って置くと、便秘が原因の腹痛や、吐き気、嘔吐といった症状が起こります。
・突然嘔吐するような場合や、のたうちまわるような腹痛の場合は、かなり便秘が悪化しているか、もしくは、別の深刻な病気であるケースも考えられます。
・便秘による吐き気や嘔吐は、便秘を解消することが改善策です。便秘を解消することで、お尻にかゆみも改善されます。
・腸内環境を整えることで便秘になりにくくなります。

 

 

お尻かゆい!肛門掻痒症改善ナビTOPに戻る