お尻かゆい 肛門掻痒症 器質性便秘

お尻かゆい!「肛門掻痒症」を引き起こす器質性便秘

スポンサーリンク

働く女性の便秘解消法,サプリメント,カイテキオリゴ
お尻のかゆみである肛門掻痒症ですが、原因の一つは便秘によるものです。
また、便秘と一言でいいますが、実は便秘にもいろいろな種類があります。

 

女性が悩む便秘のほとんどは、生活習慣の乱れから、腸の正常な機能が阻害されるために起こる機能性便秘であることが多いのですが、それらは、生活を改善することで、治療することができます。

 

でも、中には、別の疾患が原因で起こる便秘もあります。
そのような便秘を器質性便秘といいます。

 

今回は、器質性便秘を引き起こす疾患のうち、働く女性に多い疾患を詳しくみてみましょう。
中には深刻な病気もありますので、症状に気づいたらすぐに病院の診察を受けることをお勧めします。

 

 

便秘は、器質性便秘と機能性便秘に大きく分けられる

働く女性の便秘解消法,サプリメント,カイテキオリゴ

 

多くの女性が悩む便秘ですが、便秘は大きく分けると、器質性便秘と機能性便秘の2種類に分けることができます。

 

 

機能性便秘

一般に便秘と言う場合は、機能性便秘を指すことがほとんどです。
機能性便秘は、一過性便秘と習慣性便秘に分けられ、習慣性便秘はさらに、弛緩性便秘痙攣性便秘直腸性便秘に分けられます。

 

機能性便秘とは、環境の変化や生活習慣、食生活の乱れから、腸の機能が低下したり、異常を起こしたりしたりして起こる便秘のこと。
日常生活を改善することで、症状の解消につながることも多い便秘です。

 

 

器質性便秘

一方の器質性便秘は、腸に物理的な障害があって、起こる便秘です。
別の疾患が原因して起こる便秘で、生活習慣の改善では解消できません。

 

原因となっている病気の治療をすることが必要です。
中には深刻な病気の場合もありますので、器質性便秘を疑うような症状が出た場合は、すぐに病院で診察を受ける必要があります。

 

器質性便秘の種類と症状

器質性便秘には、先天性のものと後天性のものがあります。

 

先天性器質性便秘

 

生まれつき腸の形状が異常なために起こる便秘です。
生まれつき腸の内壁に神経節細胞がないために起こる先天性巨大結腸症や、生まれつき結腸の長さが過剰に長いS状結腸過長症などがあります。

 

 

後天性器質性便秘

 

主に腸に腸の周りの臓器の疾病によって、腸内を便が正常に通過できない状態になることで起こる便秘です。
様々な病気が原因として考えられますが、女性に特に多いのは、過敏性腸症候群、自律神経失調症、大腸ポリープ、子宮筋腫などです。

 

深刻なものでは大腸ガンという可能性も考えられますので、気になる症状がある場合は、すぐに病院の診察を受けましょう。

 

 

器質性便秘独特の症状

 

別の疾患が原因で起こる器質性便秘には、便秘と共に、下記のような症状が現れます。

働く女性の便秘解消法,サプリメント,カイテキオリゴ

激しい腹痛

発熱

吐き気や嘔吐

便に血や粘液が混じる

下腹部にしこりがある

腹部の異常なふくらみ

下痢と便秘を繰り返す

このような症状を伴う便秘の場合は、器質性便秘の疑いがあります。
器質性便秘は元となっている疾患を治療する必要がありますので、必ず医師の診断を受けましょう。

 

女性によく見られる器質性便秘の原因となる疾患とその症状

生活習慣による機能性便秘と違い、器質性便秘を放っておくのは危険で、時には命にも関わります。

 

ここでは、女性によく見られる器質性便秘を引き起こす代表的な疾患とその症状をご紹介します。
心あたりの症状がある場合には、すぐに医師の診断を受けましょう。

 

 

 

過敏性腸症候群

 

慢性的に腹痛や便通異常などの症状が起こる病気です。
腸内の形状異常は見られませんが、腸がかなり敏感になっていて、過敏反応を起こしやすい状態にあり、少しのストレスや変化でも腹痛や下痢などが起こります。

 

症状としては、下痢、あるいは便秘、下痢と便秘を繰り返すという3パターンがあり、若い女性においては、便秘、あるいは下痢と便秘を繰り返すパターンが多いと言われています。

 

 

<原因>
過敏性腸症候群の原因は実は正確にはわかっていませんが、精神的ストレスが大きな原因ではないかと考えられています。

 

もともとストレスに弱い人に発症しやすく、不安、緊張、ヒステリー反応、うつ状態が影響していると思われます。
職場の人間関係のストレス、売り上げの数字に対するプレッシャーなどのストレスが腸に負担をかけることで起こるようです。

 

<症状>

下痢が何ヶ月も続く

便秘が何ヶ月も続く

下痢と便秘を繰り返す

腹痛がある

排便すると落ち着く

休みの日は症状が出ない

子供の頃も学校に行く時になると腹痛になった

うさぎの糞のような便がでる

 

 

以上のような症状がある場合は、過敏性腸症候群が疑われます。
過敏性腸症候群自体は、命に関わるような深刻な病気ではありませんが、生活や仕事に支障をきたしますので、本人にとってはとても辛い病気です。
医師の診断をあおぐと共に、ストレスを軽減するような取り組みも必要となってきます。

 

 

 

自律神経失調症

 

全身の器官の機能をコントロールしている自律神経が、バランスを崩すために体の様々な機能に障害をきたす病気です。

 

自律神経は強いストレスがかかるとバランスを崩しやすいものですが、その状態が慢性化すると自律神経失調症となり、体の様々な器官の機能が阻害されます。
身心の両面からの長期的な治療が必要となってしまいます。

 

<原因>
自律神経失調症の原因にはいろいろなことが考えられます。

 

一つは夜型の生活スタイルに代表される人体のリズムを無視した不規則な生活習慣です。

 

二つ目の原因は、仕事や家庭などにおける過剰なストレスによるもの。
環境の変化に対する不適応や過剰適応も自律神経を乱れさせる原因になります。

 

また、体質的に生まれつき繊細で、自律神経が過敏な人もいます。
さらに、性格的なことも影響しており、断るのが苦手、人と接するのが苦手、依存心が強い、人の目が気になるなどストレスへの抵抗力が弱い性格の人とは、自律神経失調症になりやすいと言えます。

 

また、思春期や更年期などは誰もが自律神経が乱れやすい時期です。
特に女性の場合は、一生を通じてホルモンの分泌が変化するのですが、この変化は自律神経の動きにも影響を与えています。

 

<症状>

体のだるさ

めまい

頭痛

動悸

便秘

下痢

不眠

手足のしびれ

やる気がでない

憂鬱になる

不安感

 

上記のような症状があれば、自律神経失調症を疑ってみる必要があります。
自律神経失調症は、便秘以外にも様々な体の不調を引き起こし、ひどくなると出社するのも困難になりかねませんので、早めの対処が必要です。
医師に相談するなどし、身体と心の両面からの治療を進めていきましょう。

 

 

 

大腸ポリープ

 

大腸にできるこぶのような形をした粘膜の突起物を大腸ポリープと言います。

 

初期症状はほとんどないので、気づかないままポリープが大きくなってしまうことが多い病気です。
ポリープは放っておくと、がん化する可能性がある種類のものもあるので、早めの治療が重要です。

 

<原因>
大腸ポリープの原因で多いのは腺腫です。
腺腫とは表皮の腺細胞が異常な細胞分裂を起こしてできる腫瘍の一種。

 

遺伝的要因でもできやすいと考えられていて、身内に大腸がんや、大腸ポリープにかかった人がいる人は、かかる可能性がそうでない人の2倍になるとも言われます。

 

<症状>

血便

便秘

下痢

腹痛

 

初期にはほとんど症状がありません。

 

上記のような症状が出るのは、ポリープがある程度進行してからになります。
ポリープが大きくなると、ポリープに便が当たることで、ポリープが裂けて出血することがありますので、血便がみられたら、すぐに病院で検査を受けてください。

 

 

 

大腸がん

大腸とは、盲腸から始まり、結腸、直腸、そして肛門に至る腸管の総称ですが、そのうちの結腸と直腸にできた悪性腫瘍を大腸がんと呼びます。
男女ともに罹患率の高いがんなのですが、特に女性においては、乳がんや子宮がんよりも多く、がんの死亡率のトップになっています。

 

<原因>
大腸がんは、元々は、欧米人に多いがんでしたが、昨今日本でも大腸がんにかかる人が増えてきました

 

その原因には、日本人の食生活の欧米化があげられています。
肉類やバターなどの乳製品を食べることが増え、逆に米や麦、芋類から摂取していた食物繊維が減ったことが、腸内環境を悪化させていて、それが大腸がんの増加につながっているのではないかと考えられています。

 

<症状>

血便

便秘、あるいは便秘と下痢を繰り返す

腹痛

便が細い

残便感がある

お腹の張り

 

最も多い大腸がんの症状は、排便時の出血です。
便に血が混じっている場合、血だけが出る場合、排便後に肛門をふいた紙に血がつくなど、いろいろな場合がありますが、とにかく出血に気付いたら、すぐに専門医にかかり、大腸の検査をしてもらうことが大切です。

 

 

 

子宮筋腫

 

子宮に良性の腫瘍ができる病気です。
女性の病気の中でも、特に罹患率が高く、成人女性の4人に1人が発症すると言われるほどです。

 

以前は40代以上の罹患率が高かったのですが、最近では、20〜30代の女性でも子宮筋腫になる人が増えてきました。
筋腫が小さいうちは特に自覚症状はありませんが、子宮筋腫が原因で妊娠しにくくなることもあり、これから出産を考えている女性は特に気をつけたいものです。

 

また、子宮筋腫が大きくなると、周りの臓器を圧迫し始めます。そのために膀胱が圧迫されて、頻尿になったり、大腸が圧迫されて便秘の症状を引き起こしたりします。

 

<原因>
筋腫ができる原因はわかっていません。
ただ、子宮筋腫は、性成熟期(20?50代)にかけて大きくなり、閉経とともに小さくなることから、女性ホルモンであるエストロゲンの影響を大きく受けているものと考えられています。

 

<症状>

月経時の出血量が増える

月経痛

月経の周期が極端に短くなる

不正出血

貧血

頻尿

便秘

腰痛

不妊・流産

 

上記のような症状がある場合は、婦人科の診察を受けてください。
働く女性は仕事が忙しく、ついつい病院にかかることが後回しになりがちです。
年齢とともに婦人科系疾患にかかりやすくもなりますから、異常を感じたら早めに診察を受けるようにしましょう。

 

 

 

卵巣のう腫

卵巣のう腫とは、卵巣内やその周辺にのう腫と呼ばれる腫瘍ができる病気です。
腫瘍には、中身によっていろんな種類がありますが、ほとんどが良性のものです。

 

ただ、のう腫が大きくなると卵巣の根元が回転してしまう茎捻転を起こしてしまうことがあります。
茎捻転はを起こすと、激痛の上に、卵巣が壊死する可能性があり危険です。また、なんらかのきっかけで破裂することもあります。

 

<原因>
卵巣のう腫には4種類あり、その原因はそれぞれです。
年齢を問わず、一番多いのは、卵巣から分泌される透明な液体がたまったものです。
閉経後の女性に多いのは、ゼラチン状の粘液が固まってのう腫になるもの。

 

20〜30代の女性に多い卵巣のう腫には2種類あり、ひとつは、胚細胞が異常分裂することで爪や髪の毛といった組織が含まれたドロドロとした物質形成されるもの。
もうひとつは、子宮内膜症が卵巣内に発症することが原因で、卵巣内に月経の度に血がたまっていくものです。

 

<症状>

不正出血

頻尿

便秘

下腹部通

腹部の張り

 

初期の段階では、自覚症状がほとんどないため、気づかないことが多くあります。
子宮筋腫の検診で発見されることも。進行すると、下腹部痛や頻尿、便秘などの症状が出ますので、その時はすぐに婦人科の診察を受けるようにしましょう。

 

 

 

子宮内膜症

子宮内膜組織が子宮内腔以外の場所で、増殖を起こす病気を子宮内膜症といいます。
進行性の病気で、月経時に強い痛みを引き起こすだけでなく、ひどくなると卵巣や卵管、腸や腹膜と癒着してしまいます。腸に癒着が起こった場合には、便秘を引き起こします。

 

<原因>
子宮内膜症の原因は現代でも明確には解明されていません。
ただ、近年急速に増えたことから、女性のライフスタイルの変化が大きく影響していると考えられています。
子宮内膜症は月経の回数が増える度に進行する病気です。

 

戦前の女性は、結婚年齢も早く、出産回数も多かったため、一生の月経数は現代の女性よりも随分と少なかったようです。
現在では、初潮の年齢が低年齢化している上に、閉経年齢は高齢化しており、その上、平均出産回数も減っているため一生の月経回数ははるかに増大しています。
さらに、ダイエットや、ストレス、生活習慣の乱れも加わり、子宮内膜症のリスクが増加していると思われます。

 

<症状>

月経時の激痛

月経以外の時の下腹部痛

腰痛

出血量が増える

不正出血

便秘

排便痛

排尿痛

性交痛

 

ひどい人になると、日常生活に支障をきたすくらいの激痛で、会社を休まなければならないこともあるようです。
悪化させると癒着などを起こし、他の臓器にも悪影響を当てますので、早めに婦人科へ相談しましょう。

 

 

 

腸閉塞(イレウス)

 

腸閉塞はイレウスともいわれます。

 

通常、人が食べたり飲んだりしたものは、胃や小腸、大腸で消化・吸収され、最終的に残ったものが便として排泄されます。

 

<原因>
腸閉塞になる原因はいくつかありますが、特に女性が気をつけなければならないのは、子宮筋腫の開腹手術後の腸の癒着です。
また腸が自然とねじれてしまう腸捻転(ちょうねんてん)によって腸閉塞が引き起こされるもありますし、大腸や便秘が原因で起きることもあります。

 

<症状>

吐き気、嘔吐

下腹部痛

下腹部の膨満感

 

腸閉塞は便秘により腸内で固まった便が原因で起こることもありますが、他の原因で腸閉塞を発症し、腸内をスムーズに便が通らなくなり便秘を起こす場合があります。
絞扼性腸閉塞(こうやくせいちょうへいそく)を発症した場合は、緊急手術が必要となり、手遅れになると死亡に至ることもあり注意が必要です。

 

 

 

裂肛

 

裂肛(れっこう)とは、切れ痔のことで、肛門が切れたり裂けたりした状態のことです。

 

裂肛に悩む女性は意外と多いです。
20〜40代の女性の多くみられ、何度も繰り返し慢性化してしまうと、肛門狭窄(れっこうきょうさく)を引き起こすことにもなります。
肛門狭窄となると、肛門が狭いままで固まってしまい、便が出にくくなってしまうのです。

 

<原因>
主に、便秘により硬くなった便をいきむことにより、無理矢理排泄することで、肛門が切れたり裂けたりしてしまいます。
また、軟便や下痢がいきおいよく出た時にも、裂肛になることがあります。

 

排泄時の裂肛による痛みを避けるために、便意を我慢し、便秘を悪化させてしまうことがあります。

 

<症状>

痛み

出血

かゆみ、違和感

 

裂肛は治ったと思っても、便秘で硬い便になってしまうとくり返し引き起こしやすいです。
慢性化して裂肛狭窄を引き起こしてしまうと、より肛門部に負担をかけることとなってしまいます。

 

また、裂肛による排泄時の痛みが怖くて、便意を我慢しがちになってしまうこともあります。
そうすると、より便秘が悪化してしまい、排泄する際によりひどい裂肛を引き起こしがちです。

 

裂肛の治療には、坐薬や軟膏、軟便剤などによる処置が基本です。
そして、裂肛を引き起こさないよう、原因となる便秘もしくは軟便や下痢を解消し、適度の柔らかさの便が出るようにすることが大切です。

 

働く女性の便秘解消法,サプリメント,善玉菌のチカラ

 

機能性便秘の場合は、できるだけ早く医師の診察を受けるのが大切です。

 

明確な病名が分からなくても、原因不明の便秘症状が続く場合には病院に行くようにしましょう。
診察後に、何かしらの疾患が見つかることもあります。

 

疾患によっては、大病につながることもあります。
たかが便秘と軽視せずに、辛い症状が続くことは医師の診察を受けることが重要です。


 

※上記は、一般的な症状を記載しています。正確性を重視していますが、必ずしも正しいとは限りませんし、自己判断は危険ですので、心配なことがある場合は医師の診断を受けるようにしましょう。

器質性便秘からくるお尻のかゆみを解消するためのオススメアイテム

器質性便秘からくるお尻のかゆみを解消するためには、腸内環境を整えてあげることが大切です。
腸内環境を整えてあげることで便秘が解消する場合もあります。

 

そのためには、腸内の善玉菌を増やしてあげることが重要です。
その方法としては、規則正しい生活習慣や栄養バランスの良い食生活を心がけることも大切ですが、サプリメントの利用が非常に有効です。

 

まとめ

1 女性に多いお尻のかゆみである肛門?痒症は、原因の一つは便秘です。

 

2 便秘には種類があります。器質性便秘は、何らかの病気が原因が起こる便秘であり、生活習慣の改善や、食生活の改善では解消できません。 原因である病気そのものを治療する必要があります。

 

3 大腸がんや大腸ポリープなど大腸の疾患以外にも、女性に多い子宮や卵巣に関係する病気が便秘の原因となることもあります。命に関わる場合もありますので、便秘と共に、腹部の激痛や、血便、嘔吐、発熱といった気になる症状が見られる場合は、早めに医師の診察を受けることが重要です。

 

4 すでに受診済で、治療中や経過観察中で便秘になりやすい場合、腸内環境を整えてあげることで、便秘を解消できる場合があります。腸内環境を整えるには、サプリメントの利用がオススメです。(但し、受診中の方は医師への相談をオススメします)

 

 

お尻かゆい!肛門掻痒症改善ナビTOPに戻る

スポンサーリンク