お尻かゆい 肛門掻痒症 痙攣性便秘

お尻かゆい!「肛門掻痒症」を引き起こす痙攣性便秘

働く女性の便秘解消法,サプリメント,カイテキオリゴ
お尻のかゆみとなる肛門掻痒症ですが、その原因は便秘や下痢です。

 

また、便秘の種類には、いろいろありますが、腸の動きが正常ではなくなり、便秘と下痢を繰り返すのは、痙攣性便秘と呼ばれるもの。

 

精神的なストレスや、生活習慣の乱れがその背景にあると言われる便秘です。

 

働く女性をめぐる環境においては、いたるところにストレスや生活習慣の乱れの要因となるものが溢れかえっていますから、他人事ではありません。

 

今回は、女性の中でも働く女性に増えつつある痙攣性便秘の症状や原因、その対策についてみていきましょう。

 

 

痙攣性便秘は、腸が痙攣することから起こる

お尻かゆい,肛門かゆい,肛門掻痒症,改善,痙攣性便秘

 

便秘は、別の病気に由来する器質性便秘と、腸の機能低下が原因で起こる機能性便秘に分けられます。
機能性便秘の中でも、一時的なものを一過性便秘、慢性化したものを習慣性便秘と言います。

 

そして、習慣性便秘は大きく分けて次の3種類です。
弛緩性便秘
痙攣性便秘
直腸性便秘

 

今回は、この中でも、下痢と便秘を繰り返す痙攣性便秘について詳しく見ていきましょう。

 

蠕動運動が異常となり、腸が痙攣してしまうことが便秘の原因

腸内の便を移動させ排出へと導くためには、腸の蠕動運動が欠かせません。

 

しかし、この腸の蠕動運動が正常ではなくなり、痙攣を起こしたような状態になると、便が腸内に留まった状態となり、便秘を引き起こしてしまいます。

 

また、腸の蠕動運動が活発化しすぎると、本来は便がゆっくりと腸内を移動する間に吸収されるべき水分が吸収されないまま、水分を多く含む便が排出されてしまいます。
つまり、下痢の症状ということになります。

 

このような異常な蠕動運動が原因で便秘や下痢になってしまうのです。

 

 

痙攣性便秘の症状

腸の蠕動運動が正常でないことから便秘と下痢を繰り返す痙攣性便秘は、以下で述べるような症状が特徴的です。

 

便秘と下痢が交互に起こる

お尻かゆい,肛門かゆい,肛門掻痒症,改善,痙攣性便秘

痙攣性便秘が、他の便秘と最も違う点は、便秘と下痢を交互に繰り返す点です。

 

他のほとんどの便秘が、なんらかの理由で腸の機能が低下することを原因にするのに対し、痙攣性便秘は、腸の異常な蠕動運動が原因です。

 

蠕動運動も活発すぎると、吸収が間に合わないままに便を排出して、下痢になってしまいます。

 

そして、腸の動きが異常になり、痙攣を起こし、便秘になることを繰り返すのです。

 

 

下腹部の激しい痛み

お尻かゆい,肛門かゆい,肛門掻痒症,改善,痙攣性便秘

大腸が過剰に動いたり、痙攣を起こしたりするわけですから、胃腸が活発に働く食後に、下腹部に激しい痛みを感じる傾向にあります。

 

食後、しばらくすると腹痛が始まり、同時に便意も催すのが普通です。
ただ、便意があってもなかなか排便できないのが痙攣性便秘の辛いところです。

 

しかし、排便してしまえば、腹痛は一時的に収まります。

 

 

細い便やウサギのようなコロコロした便

 

お尻かゆい,肛門かゆい,肛門掻痒症,改善,痙攣性便秘

痙攣を起こした腸はその一部が細くなってしまうこともあり、そのために細い便や、ウサギのような小さくコロコロした便になってしまうのが痙攣性便秘の特徴です。

 

また、排便後も残便感を感じる傾向が強いようです。

 

毎日便が出ていても、小さいコロコロした便や細い便であった場合は、便秘症状の一つと捉えられるようです。
ですので、このような便しか出ていない場合は、便秘を疑った方が良いかもしれません。

 

 

痙攣性便秘の原因は、自律神経の乱れによるもの!

 

痙攣性便秘は大腸の蠕動運動が過剰になることで起こると何度も述べてきました。
では、蠕動運動が過剰になるのは、どういう理由によるものなのかを考えてみましょう。

 

腸の蠕動運動をコントロールしているのは、自律神経です。
そして自律神経は、交感神経と副交感神経の2つから成り立っており、交互に切り替わることでバランスを保ち、体の機能を調整しています。

 

交感神経

 

お尻かゆい,肛門かゆい,肛門掻痒症,改善,痙攣性便秘

交感神経が優位の時は、活動モードです。
仕事や、勉強、運動、家事をしている時などがそれにあたります。
ストレスを感じている時も、交感神経が優位になります。

 

筋肉は緊張し、素早い反応ができる状態です。

 

腸との関係を見た場合、食欲や腸の動きは抑えられています。

 

副交感神経

 

お尻かゆい,肛門かゆい,肛門掻痒症,改善,痙攣性便秘

副交感神経が優位の時は、休息モードの状態です。
主に夜、眠っている時、それ以外では、入浴中や、食事中、マッサージを受けている時などゆったりとリラックスしている時がそれにあたります。

 

筋肉は緩み、疲労の回復が施され、新陳代謝は活発に。
体は休息モードなのですが、その逆に胃腸の活動が活発になります。食欲がわき、腸の活動も活発になります。

 

上記に紹介した交感神経と、副交感神経が交互に切り替わることで、腸の機能はコントロールされているのですが、この2つが何らかの要因によりうまく切り替わらなくなることがあります。
この自律神経の乱れが、腸の蠕動運動に異常を起こし、痙攣を起こしてしまうのです。

 

お尻かゆい,肛門かゆい,肛門掻痒症,改善,痙攣性便秘

 

痙攣性便秘による便秘と下痢のメカニズム

 

交感神経ばかりが優位に立つと、腸の蠕動運動が停止し腸が痙攣することで便秘になります。

 

副交感神経ばかりが優位に立つと、腸の動きが活発化しすぎて、便に含まれる水分が腸内で十分に吸収されずに排泄されることで下痢になってしまうのです。


 

働く女性の自律神経が乱れる理由

かつては、男性に多いとされていた痙攣性便秘ですが、最近は女性でも痙攣性便秘になる人が増えているという話も聞きます。

 

それは、女性のライフスタイルが変化し、働く女性が増えたこととも、無縁ではないように思います。
働く女性が痙攣性便秘を起こすのは一体どういう状況においてなのでしょうか?

 

一つひとつ詳しく見ていきましょう。

 

 

痙攣性便秘は別名「ストレス性便秘」と呼ばれている

お尻かゆい,肛門かゆい,肛門掻痒症,改善,痙攣性便秘

痙攣性便秘は、別名「ストレス性便秘」と呼ばれるほど、ストレスとかかわりが深い便秘です。
仕事における悩み、職場や顧客との人間関係の悩み、業務上の売上の達成や責任の重いプロジェクト、または家事や育児との両立など働く女性の周りには、ストレスが溢れています。

 

そして、過度な精神的ストレスは、溜め込むと、自律神経の乱れを引き起こし、それが痙攣性便秘の要因になってしまいます。

 

強い社会的プレッシャー下に置かれた男性に、痙攣性便秘が多かったのもうなずけます。
ただ女性が社会進出するにつれ、女性も強い精神的ストレスにさらされるようになり、現在では、女性の痙攣性便秘も増えてきました。

 

営業や、販売職で毎月の売上ノルマのある仕事についている働く女性、中間管理職で部下と上司の板挟みになっている働く女性、人の命に関わる仕事に従事し常に緊張を強いられる医師や看護師、責任の重い経営者、会社の人間関係でいじめやパワハラを受けている働く女性などなど、あらゆる働く女性の周りには、強いストレス要因はたくさんあふれています。

 

まずは、痙攣性便秘の解消には、自分のストレスの原因を正しく知ることです。
それがわからないと対処のしようがありません。

 

何が自分のストレスとなっているのかがわかったら、可能であれば、それを排除しましょう。
痙攣性便秘の根本的な解消には、原因となっているストレスを排除することが一番なのです。

 

ただし、全てのストレスが簡単に排除できるとは限りません。
働く女性にとって、職場を変えたり、職種を変えたりするのは簡単なことではないでしょう。

 

そういう場合は、ストレスを溜め込まないように上手に解消すること、またストレスに強い体質づくりなどを普段から心がけていきたいものです。
親しい友人と美味しいものを食べに行く、お風呂タイムをゆっくりとる、仕事のメリハリをつけて休日はしっかり休む、週に1日は自分の好きなことをする時間を設けるなど、自分なりのストレス解消法を見つけてください。

 

深刻な精神的ストレスの場合は、カウンセラーに相談したりすることも必要かもしれません。
いずれにしても、自分のストレスの原因を見極めて、上手に対処していくことが重要になってきます。

 

 

睡眠不足や夜勤などの不規則な睡眠時間

お尻かゆい,肛門かゆい,肛門掻痒症,改善,痙攣性便秘

ストレスは、自律神経を乱れさせる大きな要因ではありますが、ストレス以外にも自律神経に強い影響を及ぼすものがあります。
それは、睡眠不足や、深夜勤務や夜勤などの不規則な睡眠です。

 

自律神経は交感神経と副交感神経が交互に働くことで体全体の機能をコントロールしています。

 

そして、寝ている間は、副交感神経が活発なります。
副交感神経が活発な時間は、体はゆっくりと休息モードに入っているのですが、その一方で胃腸の活動は活発化します。

 

ところが、慢性的な睡眠不足や、夜勤、交代勤務など不規則な睡眠は、自律神経のバランスを乱し、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくできなくなってしまいます。
そのために、腸の蠕動運動が過剰になるという状況が生まれ、痙攣まで引き起こすのです。

 

しかし、働く女性にとっては、規則的で十分な睡眠時間を確保することは簡単ではありません。
繁忙期には残業もあれば、締め切りの前や、クレームの処理には徹夜で仕事ということもあるでしょう。

 

また、勤務形態が夜勤の場合や交代勤務の場合だってあります。
夜10時に寝て、朝6時に起きるというような規則的な生活をキープするのはなかなかな難しいのが現状です。でも、だからこそ、せめて睡眠の質を上げる努力はしたいもの。

 

 

睡眠の質を上げるためにできること

 

お尻かゆい,肛門かゆい,肛門掻痒症,改善,痙攣性便秘

寝る前にテレビ、スマホ、パソコンなどのブルーライトを長時間浴びないこと

夕食は寝る2時間以上前にすませておくこと

身体的な疲労が強い時は、寝る前に軽いストレッチで体をほぐす

精神的疲労が強い時は、アロマを入れた湯船にゆっくりつかる、好きな香りのハーブティを飲むなどして気持ちをリラックスさせる

夜勤明けなどで明るい時間に寝る場合は、遮光カーテンなどで部屋をなるべく暗くする

体内時計を狂わさないために、何時に寝ても同じ時間に起きるようにする

 

 

などなど、様々な方法がありますので、ご自分に適した方法を探してみてください。

 

 

痙攣性便秘には、食物繊維の過剰摂取は逆効果!

便秘解消法として、「食物繊維を摂取しましょう」と、よく言われます。

 

でも、ちょっと待って!

 

腸の機能をサポートするための様々な働きをしてくれる食物繊維が、いろいろな便秘解消のために役立っているのは確かです。
でも、痙攣性便秘の場合には、この食物繊維の働きが、逆に便秘を悪化させることにもなりかねないのです。

 

何故、食物繊維は痙攣性便秘には逆効果なのでしょうか?
まずは、食物繊維の働きについて見てみましょう。

 

食物繊維の働き

 

便のカサを増すことで、排便を助ける

腸の蠕動運動を促す

腸内の悪玉菌を減らし、善玉菌を増やす働きをする

腸内の有害物質を吸収して、体外へと排出する働きをする

 

ここで、注目したいのは、2番目の「腸の蠕動運動を促す」という働きです。
痙攣性便秘は腸の蠕動運動が過剰になって起こる便秘です。
この過剰になった蠕動運動を抑えることが必要です。

 

そこに、蠕動運動を促す働きをもった食物繊維を過剰摂取することは、ただでさえ正常以上に活発すぎる腸をさらに刺激し、痙攣を増やしたり、腹痛を起こしたり、便秘をより悪化させる原因となってしまいます
ですから、痙攣性便秘の場合は、食物繊維を必要以上に過剰摂取しないように気をつけたいものです。

 

なお、食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の2種類があります。
腸の蠕動運動を促す働きをするのは、不溶性食物繊維です。

 

不溶性食物繊維を多く含む食品

 

お尻かゆい,肛門かゆい,肛門掻痒症,改善,痙攣性便秘

芋類

豆類

あまり熟していないみかんやりんごの皮

ゴボウ

キノコ類

穀物の外皮、トウモロコシの外皮

切り干し大根

アーモンド

 

これらの不溶性食物繊維を含む食品に関しては、痙攣性便秘の際には、摂取を控えましょう。

 

 

痙攣性便秘には、下剤(便秘薬)の使用は逆効果!

あまりにも便秘が長引いたり、それによる腹痛がひどかったりすると、とりあえずの対処として、下剤(便秘薬)を使うこともあるでしょう。
腸の働きが低下している便秘の場合は、それもありかと思いますが、痙攣性便秘の場合は、それが逆効果になりかねません。

 

痙攣性便秘では、過剰な蠕動運動によって、腸が痙攣を起こしているような状態にあります。

 

そして、下剤というのは、一般的に、腸に刺激を与えることで蠕動運動を促し、便を排出させようというもの。
すでに過剰になっている腸の動きに、下剤でさらに刺激を与えることは、逆効果です。

 

下剤を服用することで、さらに腹痛がひどくなったり、便秘を悪化させたりする可能性もあります。
ですから、痙攣性便秘の場合は、下剤の使用は控えましょう。

 

 

下剤(便秘薬)の常用は、なるべく避けたい!

 

お尻かゆい,肛門かゆい,肛門掻痒症,改善,痙攣性便秘

辛い便秘ですから、下剤を使って楽になりたい、出してすっきりしたいと考えるのも無理はないのかもしれません。

 

でも、下剤は身体的にかなりの負担をかけてしまうことも忘れてはなりません。
薬が効きすぎて、逆に下痢になってしまう人もいます。
薬といえども体外から摂取する刺激物です。
薬には副作用が全くないとは言い切れません。

 

また、下剤を使い続けると、体が慣れてきて効きにくくなるため、ますます強い刺激の下剤が必要になってしまいます。
それが、いきすぎた場合、下剤がなければ排便できない状態になってしまうこともありますので、要注意。

 

また、便秘の種類によっても、使うべき下剤は変わってきます。それを知らずに使用すると、かえって便秘を悪化させることもなりかねません。
下剤は薬局でも市販のものが簡単に手に入りますが、使用する際には、自己判断ではなく、医師の診断に従うことをおすすめします。

 

 

お尻のかゆみである肛門掻痒症を防ぐために

お尻のかゆみを引き起こしがちな便秘ですが、腸内環境を整えることで便秘になりにくくなります。そのためにはサプリメントの利用がオススメです。

まとめ

1お尻のかゆみである肛門掻痒症ですが、原因の一つは便秘(そして下痢)です。

 

2 女性の痙攣性便秘は、ストレスや、睡眠不足、勤務形態による不規則な睡眠時間の影響で、自律神経がバランスを崩し、腸の蠕動運動が過剰になって起こります。

 

3 痙攣性便秘の症状の特徴は、便秘と下痢を繰り返すことと、特に食後によく見られる激しい腹痛です。硬くてコロコロとしたうさぎの糞のような便や、細い便が出ることもあり、排便後に残便感が残ります。

 

4 過剰になった蠕動運動をさらに刺激する、食物繊維の取り過ぎと、下剤(便秘薬)の使用は、痙攣性便秘を悪化させる恐れがありますので、控えましょう。

 

5 お尻のかゆみを引き起こす肛門?痒症ですが、腸内環境を整えることで、原因となる便秘になりにくくなります。そのためにはサプリメントの利用がオススメです。

 

 

お尻かゆい!肛門掻痒症改善ナビTOPに戻る