お尻かゆい 肛門掻痒症 直腸性便秘

お尻かゆい!「肛門掻痒症」を引き起こす直腸性便秘

働く女性の便秘解消法,サプリメント,カイテキオリゴ
女性に多いお尻のかゆみである肛門掻痒症ですが、原因の一つは便秘になります。
便秘の種類には、いろいろありますが、直腸性便秘の場合は、大腸で便が滞る通常の便秘と違い、大腸の機能低下が原因ではありません。

 

食べたものは食道から胃を通り、小腸、大腸、そして便となって直腸までは運ばれるのですが、直腸を含めた肛門付近の問題のせいで、うまく排便が行われないことのために起こる便秘です。

 

恥ずかしいという気持ちから、職場や外出先で排便することを避ける女性も多くいると思います。
でも、便意の我慢が、実は、便秘を引き起こす引き金となっているとしたらどうでしょう?

 

今回は、女性が直腸性便秘になってしまう原因や、その症状と対策について考えてきます。

 

 

直腸性便秘は、直腸の機能障害によって起こる

お尻かゆい,肛門かゆい,肛門掻痒症,改善,直腸性便秘

 

便秘は、何かしらの病気に由来する器質性便秘と、腸の機能低下が原因で起こる機能性便秘に分けられます。

 

また機能性便秘の中でも、一時的なものを一過性便秘、慢性化したものを習慣性便秘と言います。

 

さらに、習慣性便秘は大きく分けて次の3種類です。
弛緩性便秘
痙攣性便秘
直腸性便秘

 

今回は、この中でも、直腸および肛門付近の機能障害によって引き起こされる直腸性便秘について詳しく見ていきましょう。

 

直腸のトラブルで引き起こされる直腸性便秘の症状

お尻のかゆみにつながる便秘は、通常の場合、大腸の機能低下や、異常な活動が原因となって起こることがほとんどなのですが、直腸や肛門付近のトラブルが原因となって起こる便秘もあります。

 

それが直腸性便秘と呼ばれるものなのですが、この便秘には、以下のような症状がみられます。

 

 

便意を感じない

お尻かゆい,肛門かゆい,肛門掻痒症,改善,直腸性便秘

直腸性便秘の場合、問題があるのは、直腸です。
大腸はきちんと機能していますので、便が形成され、直腸まではきちんとと送り出されている状態です。

 

本来、このように直腸に便が届くと、便意が働いて、外に押し出す動きが見られるものですが、直腸性便秘では、肛門近くにまで便がきているにもかかわらず、センサーが弱くなっており、便意を感じられなくなっています

 

 

太くて硬い便

お尻かゆい,肛門かゆい,肛門掻痒症,改善,直腸性便秘

便意を感じないまま、直腸に長く便が留まったままになると、そのまま水分を奪われた便は直腸内で乾燥し硬くなっていきます。

 

直腸は大腸よりも太いので、直腸で水分を奪われて硬くなった便も太くなってしまいます。

 

太く硬くなった便は、排便するのがますます困難になっていってしまい、出そうで出ない、という状態になりがちです。

 

 

排便痛と出血

お尻かゆい,肛門かゆい,肛門掻痒症,改善,直腸性便秘

硬くて太い便は、腸の直腸の内壁を傷つけたり、排便時に強い痛みを伴ったりすることがあります。
太くて硬い便は、当然のごとく、肛門にも負担がかかります。

 

排便時に、肛門が切れて出血することも起こり得ます。

 

また、それが原因で、裂肛いわゆる切れ痔になることもあります。

 

 

口臭や体臭がきつくなる

お尻かゆい,肛門かゆい,肛門掻痒症,改善,直腸性便秘

直腸はいろんなものを吸収する働きがある器官です。

 

その直腸に長い間、便が溜まったままでいると、便は腐敗し有害なガスを発生させます。
そのガスが直腸から吸収され、血液を通して身体中をめぐることになります。

 

そのために、口臭や体臭がきつくなってしまうこともあります。

 

 

摘便(てきべん)が必要となる

お尻かゆい,肛門かゆい,肛門掻痒症,改善,直腸性便秘

直腸に詰まった便がそのまま放置され続けると、どんどん便中の水分は吸収され、非常に硬い便となっていきます。

 

硬くなればなるほど、自力での排泄は不可能となりますので、いきんでいきんでも出ない、出そうなのに出ない、少し肛門から出ているのにそれ以上出てこない、という状態に陥ります。
この状態を改善するには浣腸を使うこともありますが、浣腸さえも入らないということがあります。

 

すると、最終手段としては、摘便ということになります。
摘便は、指で便をほじくり出すことです。
ご自分で行う人もいますし、病院で医師や看護師によって治療として実行される場合もあります。

 

本当に硬い便は、石のようになっていることもあるそうです。

 

 

便を漏らす

お尻かゆい,肛門かゆい,肛門掻痒症,改善,直腸性便秘

便を漏らすというのは滅多にない経験だと思います。
しかしながら、ひどい直腸性便秘から便を漏らしてしまうことが起きることがあるのです。

 

というのは、直腸性便秘がひどくなり、自力では出せない状態となった便の上に、さらに新しい便ができてくると、詰まった便の隙間から新しい便が漏れてきてしまうのです。
悪化した直腸性便秘は便意を感じにくくなっていますから、自分でも意識をしないままに、便を漏らしてしまうということが起きるのです。

 

女性が直腸性便秘になる原因その1 便意の我慢

お尻かゆい,肛門かゆい,肛門掻痒症,改善,直腸性便秘

直腸性便秘の場合、便が直腸に詰まっているために、便による皮膚への刺激でかゆみを感じることが多いです。
また、直腸性便秘の大きな原因の一つは、便意の我慢をし続けることにあります。

 

本来は、直腸まで便が送り出されると、便意が起こるのが普通です。
ところが、仕事や職場環境などによって、便意があるにもかかわらず排便を我慢していると、直腸に便があることに慣れてしまい、直腸の神経の刺激に対する反応が鈍くなって、直腸に便が溜まっているのに、便意を脳に伝えられなくなってしまいます。

 

それで、直腸まで便が送り出されているにも関わらず、便意が感じられないのです。

 

そのために、便は、直腸内に長時間溜まったままになり、水分を吸収され、どんどん硬くなり、ますます排便しにくいという悪循環が生まれます。
直腸は大腸よりも幅が広いため、直腸に詰まった便は太く硬くなります。

 

いろいろな種類の便秘の中でも、非常に排便が困難で、排便時の肛門の痛みを伴います。
それが原因で切れ痔を引き起こすこともあり、痔の痛みから、さらに排便を我慢するようになり、直腸性便秘が悪化することもあります。

 

このように辛い直腸性便秘を予防するためには、便意を我慢しないことが大切ですが、働く女性が便意を我慢するのには、様々な理由が考えられます。

 

 

お尻かゆい,肛門かゆい,肛門掻痒症,改善,直腸性便秘

働く女性が便意を我慢してしまう理由

 

職場のトイレに長時間入るのが恥ずかしい
音漏れや排便の後の臭いが恥ずかしい
決まった時間にしかトイレに行くことができない職場環境にある
戸外の仕事が多く、トイレに気軽に行くことができない

 

 

特に、若い女性であれば、職場での排便は恥ずかしいと思うものでしょうが、それで直腸性便秘になったのでは、自分が辛いだけです。
強い痛みを伴う便秘だけに、日常生活にも支障をきたしかねません。

 

職場で便意を我慢しないですむようにするためには、毎朝家での規則正しい排便の習慣を身につけるのが一番ではないでしょうか?

 

 

女性が直腸性便秘になる原因その2 下剤の常用

お尻かゆい,肛門かゆい,肛門掻痒症,改善,直腸性便秘

便意を我慢することは、直腸の感覚を鈍らせてしまうと先に述べましたが、直腸の感覚を鈍らせるもう一つの原因として、下剤(便秘薬)や浣腸薬の常用が考えられます。

 

あまりに便秘が長引き、自力で排便できないような時には、下剤や浣腸が必要な時もあるかもしれません。
ただ、即効性があるからと言って、安易に下剤や浣腸に頼るのは、おすすめできません。

 

というのも、下剤や浣腸を使うことは、腸に強い刺激を与えることであり、腸への負担がかなり大きいからです。

 

それに、下剤や浣腸は所詮、その場しのぎの対処にすぎず、便秘の真の解消にはなりません。
かえって下剤や浣腸を常用することで、これらの刺激なしには、排泄できなくなる可能性もあるのです。

 

薬の常用が、直腸の感覚を鈍らせ、便意を感じなくなることから、直腸性便秘になる女性もいます。

 

 

なお、便秘薬には、いろいろな種類があるのですが、大腸に刺激を与えて蠕動運動を活性化させることで便秘を解消させるタイプの薬もあります。
このタイプの便秘薬を、直腸には問題があるが大腸は正常に働いている直腸性便秘の人が服用すると、便秘の解消にとどまらず、下痢を引き起こしてしまうことも多いので、自己判断での薬の服用は危険です。

 

間違った下剤の使用は、下痢を引き起こす他に、腹痛を強くしたり、便秘の悪化を招いたりなど、様々な弊害を引き越します。
市販の下剤や浣腸は、街中の薬局で簡単に購入することもできますが、安易な薬の使用は、先に述べたように危険を伴います。
独断での服用は避け、医師に相談することをおすすめします。

 

また、医師の診察の結果、ただの便秘と考えていたものが、他の疾患によるものであることが見つかることもあります。素人判断は控えたいものです。

 

医師の診察の結果、便秘以外に問題がないようであれば、下剤などの薬に頼らなくても排便できるように、生活習慣を見直すとともに、腸内環境を整え、便秘になりにくい体質づくりを目指していきましょう。

 

女性が直腸性便秘になる原因その3 いきめない

お尻かゆい,肛門かゆい,肛門掻痒症,改善,直腸性便秘

ごく少数の人に限られるかもしれませんが、女性が直腸性便秘になる原因の3つ目としては、上手にいきめないという問題もあります。
本人は、力を込めていきんでいるつもりが、顔が赤くなるばかりで、お腹には十分に力が入りっていないことがあります。

 

また、いきむと、肛門括約筋や骨盤底筋まで緊張してしまい、排便したいにも拘わらず、肛門が強く閉じてしまうという癖を持っている人もいます。

 

それから、女性にたまに見られる症状では、いきむと直腸が膣側にポコンと膨らんでしまう、直腸瘤と呼ばれるものがあります。
直腸瘤の症状がひどくなると、物理的に便通が妨げられてしまいますので、その場合は医師の診断が必要になります。

 

働く女性が直腸性便秘になる原因は本当にさまざまなことがあります。
直腸瘤などはレアケースではありますが、ありえないことではありませんので、おかしいなと思ったら、医師に相談することをおすすめします。

 

女性の直腸性便秘を解消するために実践したいこと

お尻かゆい,肛門かゆい,肛門掻痒症,改善,直腸性便秘

女性が直腸性便秘になる一番大きな原因は、便意の我慢をし続けることです。
直腸性便秘の予防と解消のためには、何よりも便意を我慢しないことが重要です。

 

だから、便意を感じたら、我慢せずに、その時にトイレに行って排便すればよいのです。
とはいえ、外出先や職場のトイレでは恥ずかしくて排便したくない、と思う女性は多いのです。
では、どうすればいいかというと、朝、自宅でお通じをすませてから外出・出社すればいいのです。

 

そして、そのためには、生活習慣を根本から改善する必要があるのです。
それでは、どのように生活習慣を改善していけばいいのでしょうか。具
体的に見ていきましょう。

 

 

1.朝は余裕を持って起きる

 

お尻かゆい,肛門かゆい,肛門掻痒症,改善,直腸性便秘

働いていると、残業だってあるし、家で仕事の続き、家事や育児なんてこともあるかもしれません。
たまには、女子会で憂さ晴らしたり、デートや合コン、外食で遅くなる時もありますよね。
でも、いつも寝不足で朝起きるのは、ギリギリ、ご飯を食べる余裕もなく、慌てて化粧して、電車に飛び乗る、そんな生活はいただけません。
朝、自宅で排便することを習慣づけるためには、まず、起床時間から考え直す必要があります。

 

どんなに、遅くとも、朝ごはんを食べる時間が確保できる時間に起きましょう。
家を出る1時間半前には起きているのが理想です。

 

また、体内時計がきちんと機能するように、できれば、毎日同じ時間に起きるのが一番です。
そのためにも、夜型の生活をちょっと見直す必要がありそうです。
質の良い睡眠をとること、それがすっきりと早起きするための秘訣です。

 

特に深夜のテレビ、ビデオ、スマホ、パソコンは要注意
これらのブルーレイは、寝つきを悪くし、睡眠の質を下げます。
睡眠時間を十分にとっていると思っていても、質の良くない睡眠では、眠りが浅く、きちんと休息がとれていません。
それでは、寝ている間に便を作る働きも活性化されませんので、便秘を引き起こす原因となってしまいます。

 

 

2.朝、寝起きの一杯の水で、胃腸を目覚めさせる

 

お尻かゆい,肛門かゆい,肛門掻痒症,改善,直腸性便秘

朝、起きたら、コップ一杯の水を飲みましょう。
起床後、すぐに飲みます。起床後は、胃腸はまだ目覚めてない状態にありますが、この一杯の水を飲むことで胃が目覚めます。

 

胃が動き始めると腸の蠕動運動も活発になり、排便へとつながりやすくなるのです。

 

ただし、これは腸の蠕動運動の機能が低下しているタイプの便秘の人に有効な方法です。
腸の動きが過剰になっている痙攣性便秘の場合は、逆効果となって、下痢を引き起こすこともありますので、注意してください。

 

 

3.朝食は抜かずにきちんととる

 

お尻かゆい,肛門かゆい,肛門掻痒症,改善,直腸性便秘

水をとったら後は、朝食をとりましょう。
水分を取って、目覚めた胃腸に、朝食を送り込むことで、さらに、腸を刺激し、蠕動運動を活発にすることができます。

 

できることなら、便秘解消に良いと言われるメニューを取り入れてみましょう。

 

便秘解消に欠かせないのは、食物繊維ですが、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の組み合わせのメニューは最強です!
水溶性食物繊維は、便を柔らかくし、有害物質を吸収して、体外に排出する働きを持っています。
海藻類や、きのこ類、豆腐、こんにゃくなどの多く含まれます。

 

不溶性食物繊維は、水分を吸収することで腸内で膨らみ、腸の蠕動運動を活発にする働きをします。
芋類、豆類、ごぼう、切り干し大根、アーモンドなどに含まれます。
糸こんにゃく入りの肉じゃがや、里芋と豆腐のお味噌汁などなど、いろいろな料理が考えられますね。

 

 

4.夕食は寝る2時間以上前にしっかり食べる

 

お尻かゆい,肛門かゆい,肛門掻痒症,改善,直腸性便秘

朝、水を飲んで、朝食をしっかり食べたとしても、前日の食事がきちんと消化されていなければ、意味がありません。

 

便は夜の間、副交感神経が優勢となり、腸の働きが活発となって作られます。

 

しかし、寝る前に胃の消化活動が終わっていないと、モチリンという腸の動きを活発にするホルモンが十分に分泌されません。
ですので、理想としては寝る3〜4時間前には夕食を済ませたいところです。
もしそれが難しいとしても、せめて寝る2時間前までには済ませておくようにしましょう。

 

それだけの時間の余裕が取れない時には、消化の良いメニューを選ぶようにしましょう。

 

 

 

生活習慣を変えるのは、簡単なことではないかもしれませんが、健康で美しい女性であるためには、それなり努力は必要なもの。

 

 

なるべく夕食は早めにとり、夜はぐっすりと眠りましょう。
そして、朝起きて、コップ一杯の水を飲み、朝食を取り、自宅で、すっきりとお通じをすませてから、余裕を持って出社。

 

初めのうちは、トイレに行っても思う通りに排便ができないかもしれません。
それでも、トイレに行くことを習慣付けていけば、だんだんと体が、「排便の時間」と分かってくるでしょう。

 

これが毎日の習慣になれば、ステキです。
便秘の解消はもちろん、頭もすっきり、もちろん、お肌のツヤも増してくるはずです。

 

お尻のかゆみを引き起こす直腸性便秘になりにくくするには?

お尻のかゆみを引き起こす直腸性便秘になりにくくするために、便意の我慢やめることが大切で、そのためには朝のうちに排便する習慣をつけるようにしましょう。
便秘状態では腸内環境が乱れがちで、悪玉菌優勢になっています。善玉菌を増やして腸内環境を整えることで、排便コントロールをしやすくなります。

 

そこでオススメなのがサプリメントの利用です。

まとめ

1 お尻のかゆみである肛門掻痒症ですが、便秘が一つの原因となります。

 

2 便秘にはいくつか種類があり、直腸性便秘は直腸に便が溜まる便秘です。その溜まった便が皮膚への刺激となり、かゆみを引き起こします。

 

3 直腸性便秘の一番の原因は便意の我慢です。

 

4 直腸性便秘の解消には便意を我慢しないことが一番重要です。そのため、外出先や勤務先で排便の心配をしなくて良いように、朝のうちに排便する習慣をつけましょう。

 

5 排便コントロールをするには、サプリメントの利用がオススメです。

 

 

お尻かゆい!肛門掻痒症改善ナビTOPに戻る